受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

吉田恭教(よしだやすのり)

佐賀県出身。島根県在住。

第3回優秀作

変若水

2011年10月 光文社

 厚生労働省に勤務する向井俊介は、幼馴染の女医が突然死した真相を追及するうち、ある病院を告発する文書の存在を掴み、島根と広島の県境にある雪深い村にたどり着く。
 そこは変若水村。ある一族の絶大なる支配のもとに、誰も見てはならないとされる雛祭りが行われる奇妙な村だった。 相次ぐ突然死と、変若水村で過去におこった猟奇事件の謎に向井が迫る――。

著者よりひとこと

 この度は優秀賞を賜り、島田荘司先生・羽田皓市長をはじめ、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の実行に携わって下さった関係者の方々に心から御礼を申し上げます。
小説を書き始めてから数々の文学賞に作品を投稿してきたものの、中々思うような結果が出ずに筆を折ろうと思ったこともありました。しかし、継続は力なりと申します。気を取り直し、今度こそと思って『変若水』を書き上げました。そして今回、優秀賞を頂く結果となり、小説を書き続けていて良かったと心から実感しております。
今後とも未聞のトリック創作に尽力し、更に面白い作品を書き上げてまいりたいと存じます。最後に、福山市と福山市民の方々の、更なるご発展をお祈りいたします。(2011年5月)

近 況

 一昨年十月、念願だった「可視える」の文庫化(凶眼の魔女に改題)が叶ったのだが、そこに辿り着くまでの経緯は、正に『人間万事塞翁が馬』だった。予期せぬアクシデントに見舞われて怒り心頭、そしてダメ元で行動した結果が吉と出た。奇しくも、五月刊行の作品も同じような経緯を辿り、『一寸先は闇ばかりではない。光であることも有りうる』と痛感している。(2020年3月28日)

著作品一覧

変若水(2011年10月 光文社)
ネメシスの契約(2013年7月 光文社)
惰天使の秤(2014年12月 光文社)
可視える(2015年10月 南雲堂)
背律(2016年3月 原書房)
亡者は囁く(2016年9月 南雲堂)
鬼を纏う魔女(2017年6月 南雲堂)
化身の哭く森(2017年7月 講談社)
亡霊の柩(2018年3月 南雲堂)
忍者大戦 赤ノ巻(2018年9月 光文社)
凶眼の魔女(2018年10月 実業之日本社文庫)
警視庁特殺 使途の刻印(2019年5月 角川文庫)
捜査一課ドラキュラ分室(2019年12月 南雲堂)
凶血 公安調査官 霧坂美紅(2020年5月 角川ホラー文庫)
MEMORY 螺旋の記憶(2020年10月 南雲堂)
四面の阿修羅(2022年3月 南雲堂)