コウモリ通信

第6回 第1次選考委員を一般公募します!

2013年5月に作品応募を締め切る第6回事業について、第1次選考にかかる選考委員を広く全国から一般公募します。
身近な文学賞として多くの方々に関心を深めていただき、また、日頃ミステリー作品に親しんでいる方に、その経験を生かし選考に加わっていただくことで、よりよい作品を選ぶことを目的とします。
多くの皆さんのご応募をお待ちしています!!

 

※ 第1次選考は一般公募選考委員と出版社3社(原書房・講談社・光文社)、第2次選考は出版社3社が担当し、最終選考で島田荘司氏が受賞作を決定します。

 

《募集要項》
◆一般公募選考委員の役割

島田荘司選 第6回 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞に応募された作品(長編ミステリー作品・400字詰原稿用紙350枚以上800枚程度)を、審査基準に沿って選考する。
作品に対する感想も記述する。

 

◆選考作品数
一人3~5作程度

 

◆選考時期
2013年5月下旬~6月下旬

 

◆謝礼
1作につき3,000円分の図書カード

 

◆募集人員
若干名

 

◆特典
①2014年5月に福山市内で開催予定の表彰式・出版記念の集いへ招待(交通費は自己負担)
②受賞作品の刊行本プレゼント

 

◆申込み方法
次のものを封書で後記へ
①これまで自分が読んだミステリー作品の中でのベストワン作品とその理由400字程度
②職業などプロフィールを含む自己アピール
③住所・名前・年齢・電話番号・Eメールアドレス

 

◆申込期限
2013年1月31日(木) 消印有効

 

◆結果
2013年3月上旬までに本人に通知します

 

◆備考
①第1次選考委員の人選は、出版社及び同実行委員会事務局が決定します。
②第1回~第5回事業まで、その都度、第1次選考委員の再任を行ってきましたが、第6回事業をもって一区切りとし、第7回事業では再任の選考委員を無くし、改めて第1次選考委員を募集する予定としています。

 

◆申込み・問合せ先
「福ミス」選考委員一般公募係
〒720-8501
広島県福山市東桜町3番5号
福山市教育委員会文化課内
TEL 084-928-1117、FAX 084-928-1736
Eメール bunka@city.fukuyama.hiroshima.jp

更新日:2012年12月03日  Comment(3)

第5回最終選考作品の選評を掲載しました

第5回の最終選考に残った3作について、島田荘司氏の選評を「最終選考・作品選評」に掲載しました。

 

第5回は、福ミスの新たな試みとして、第1次選考通過作品27作について、選考を担当した編集者による選評を公表することにしました。
公表は、2013年1月頃で、福ミスのホームページで行います。
第6回の応募に向けて執筆されている方も、是非参考にしてみてください。

更新日:2012年11月05日  Comment(1)

福ミス第5回受賞作発表!!

福ミス第5回受賞作 「バイリンガル」

 

◆作者
高林 さわ (たかばやし さわ)

 

◆作者プロフィール
1945年5月3日千葉県生まれ。千葉県在住。中学教師、塾講師を勤めた後、退職。現在は母の介護。1981年「小説現代新人賞」受賞。

 

◆受賞作概要
アメリカ人の夫と離婚した永島聡子は、日本に帰国し、予備校の講師をしながら一人息子を育てた。ある日、沢田仁奈という女性が聡子のもとを訪ね、自分の両親が亡くなるきっかけとなった、30年前にインディアナ州ラフィエットで起きた誘拐殺人事件の内容を話して欲しいと頼む。仁奈には親切にしなければと思いつつも、乗り気になれずにいた聡子だが、仁奈の日本での生い立ちや生活を聞き、事件の全貌を語り出す。

 

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 第5回受賞作の発表記者会見を、10月26日、羽田皓実行委員会委員長、島田荘司先生、受賞者、協力出版社3社の出席のもと、ふくやま文学館で行いました。
414
(左から、島田荘司先生、高林さわさん、羽田皓実行委員会委員長)

 

◆島田先生選評(抜粋)
「この書き手は、すでに独自的な表現の境地を掴んでいる。とりわけユーモアをまぶした女性型の戦闘表現は、すでに誰の真似でもなく、似た表現センスは、少なくとも本格寄りのミステリーのフィールドには見当たらない。」

 

◆高林さん受賞コメント
「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という大きな賞をいただくことができまして、ほんとうにありがたく、感謝しております。島田先生はじめ、選んでくださった皆様に、心より御礼申し上げます。30年前に賞をいただいた後、長いブランクがありましたが、諦めずに書き続けてよかったです。書く場所を与えていただいたのですから、頑張らねば、と思っております。どうもありがとうございました。」

 

◆受賞作の出版は2013年春予定
受賞作品は、今後、島田先生の指導のもとに推敲され、2013年春に光文社から発表される予定です。

 

◆表彰式は2013年5月(予定)
第5回表彰式を、来年5月に開催する予定です。(詳細は未定)

 

記念すべき第5回の受賞作品が決まり、事務局も大変うれしく思っています。
先生のアドバイスで、作品にさらに磨きをかけ、「傑作」となって世に送り出します。出版が楽しみですね。
最終選考に残った3作品の島田先生の選評は、近日中に掲載します。掲載しましたら、こうもり通信でもお知らせしますので、楽しみにお待ちください。
今後とも、福ミスをどうぞよろしくお願いいたします。

更新日:2012年10月26日  Comment(0)

水生大海の新作「てのひらの記憶」出版!

福ミス第1回優秀作「少女たちの羅針盤」(原書房)の作者、水生大海さんの最新刊が発売されます。
せつなくて、さわやかな、青春ミステリー!
ぜひ、お楽しみください!!

 

作品名  「てのひらの記憶」
発売日  2012年10月2日(書店によって前後します)
定 価  1,575円(税込)
出版社  PHP研究所

 

【あらすじ】
江戸時代から続く質屋に生まれた円(まどか)は、品物の記憶が読める能力を持っている。
ある日、不審な客がお店にきて、真珠のネックレスを買ってくれと言う。
それはひとつの事件の幕開けだった……

 

???????????????

更新日:2012年09月26日  Comment(0)

第5回福ミス 第2次選考通過作品発表!

第2次選考通過作品は例年4作となっていましたが、選考会議の結果、今年は次の3作が第2次選考を通過し、最終選考作品となりました。
最終選考は、選者である島田荘司さんが3作の中から1作を決定し、10月に受賞作1作を発表する予定です。
楽しみにお待ちください!

 

◆第2次選考通過作品【3作】 ※順不同・括弧内は筆名
・バイリンガル(高林さわ)
・ゴッホの肖像(成田朱美)
・仮名手本殺人事件(河上雅哉)

更新日:2012年09月11日  Comment(0)

ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031