受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

his_b_photo10

植田文博(うえだふみひろ)

3月5日生まれ。熊本県生まれ。東京都在住。

第6回受賞作

経眼窩式

his_b_img10

2014年5月 原書房

「あんたは、最低だな」  古ぼけたアパートの一室で再会した父親は、日常生活もままならない変わり果てた姿となっていた――。遠田香菜子は、そこで偶然出会った青年とともにアパートの調査を開始する。そんな彼らに、ある男が近づいていた。そしてそれを、ある女が監視していた。やがてふたりは、凶悪事件の壮大な陰謀と、初めて芽生えた感情の渦に呑み込まれてゆく。

著者よりひとこと

 欲するままに書き続け、自身の中にあるものは、裏打ちのない自信としつこさだけでした。そんな中で自分という存在を見つけていただいた皆様に、心から感謝しています。
今後は島田先生や編集者の方々の助言を得て、読んでよかったと感じていただけるものを作っていけたらと思っています。(2014年5月)

近 況

 昨年は初の文庫本『99の羊と20000の殺人』を刊行させていただきました。単行本『原宿コープバビロニア 心臓のように大切な』を改題改稿したものです。
 江戸時代から現代にまたがる謎の病を巡る医療系ミステリー。タイトルから、主人公の心情の動き、エピソード、性別までも変わっていますが、軸となる物語は同じです。文庫化に際し、『読みやすく』を目標に一から作り直しました。さくっと読めます。手にとっていただけると幸いです。
 また単行本アンソロジー『三毛猫ホームズと七匹の仲間たち』に参加させていただきました。舞台は超高層マンション群と古民家が混在する街、東京都西新宿。マンションに住む夢をなくした女性と、古民家の住む謎だらけの爺さん。二人の出会いと別れのミステリーです。
 今年の正月三が日、初めて草津温泉を訪れました。なんの情報もなくイメージだけでホテルを予約。直前になって、雪がかなり降る地域だと知り愕然。車で行くつもりが夏タイヤ。ホテルに聞いたら、夏タイヤなんて正気か。急遽チェーンを購入。当日降雪。心地よい温泉や雰囲気ある湯畑よりも、四苦八苦して脱着したチェーンが記憶に。でも旅は少々のトラブルがあったほうが、思い出したとき笑えます。(2020年3月28日)

著作品一覧

経眼窩式(2014年5月 原書房)
エイトハンドレッド(2015年5月 原書房)
心臓のように大切な(2017年8月 原書房)
三毛猫ホームズと七匹の仲間たち(2019年7月 論創社)