受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

原進一さん顔写真トリミング

原進一(はらしんいち)

1948年生まれ。兵庫県神戸市出身。東京外国語大学卒。卒業と同時に全日空(株)に入社し,東京・大阪・福岡・鹿児島・オランダなどで勤務の後,2008年に定年退職。現在は無職で東京都在住。

第8回受賞作

アムステルダムの詭計

%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%a0%e3%81%ae%e8%a9%ad%e8%a8%88%e6%9b%b8%e5%bd%b1

2016年4月 原書房

戦後の日本犯罪史上、最も鮮烈な印象を残したのは1968年に起きた「三億円事件」であろう。しかし、日本人だけでなく広く世界中の人々の注目を集めた点では、1965年に起きた「アムステルダム運河殺人事件」が勝っている。1965年夏、アムステルダムの運河に浮かんだ日本人死体は頭部・両脚・手首が切断され、胴体だけがトランクに詰められて発見された。当時、新進推理作家として文壇に登場した松本清張氏は本事件を小説化するに当たって綿密に取材し、被害者が替え玉であるとの説を唱えた。しかし、しばらくして自説を撤回するに至る。ヨーロッパの警察機構に加えインターポールも捜査に参画したが、事件は迷宮入りの様相を呈する。(実際に発生した事件を基にしたフィクション)

著者よりひとこと

「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」には、その独特な選考手法に注目していた。それは「敗者復活」のルートが用意されていたからである。選考過程が単にふるいに掛けようとするものではなく、作者の懸命さを見逃すまいとする姿勢に島田荘司先生をはじめ選者の人々の心意気が垣間見え、憧れを抱いていた。「もの書き」はスポーツ選手と同様で、試合に出場することで成長できると確信している。ピッチに立たせてもらえたことを大変光栄に思う。(2016年5月)

近 況

 福ミス新人賞の受賞は、様々な変化をもたらしてくれた。母校や会社のOB会に招かれ、懐かしい面々に受賞報告の機会を得たのは喜びだった。昨年5月の表彰式では、敬愛する島田先生の謦咳に触れ「本の売れ行きなど気にせず、次回作に集中的に取り組むように」と助言を頂いた。 受賞の歓喜は家庭にも波及した。いつも口達者の妻に寄切られていたが、土俵際で咄嗟にうっちゃりの文句が口をつく。
「お前も賞をとってみろ」
 これが黄門様の印籠のように効果てきめんで、即座に家内が意気消沈し形勢逆転する。ただ敵も負けん気の強さから、逆襲に向けて爪を研ぎはじめた。
 文章創作では太刀打ちできないと諦め、別分野に照準を絞り受賞を目指す。少女時代(ンじゅう年前)に憧れた墨習字を再開し「すぐ受賞する。題字を書いてあげるから、早く次のミステリーを創れ」と責め立てる。その自信はどこから来るのか、と思うが口には出さない。家庭内では受賞の威光は長続きしない。(2017年3月31日)

著作品一覧

アムステルダムの詭計(2016年4月 原書房)