受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

his_b_photo09

高林さわ(たかばやしさわ)

1945 年5月3日生まれ。千葉県出身。中学教師、塾自営の後引退。1981年「小説現代新人賞」受賞。

第5回受賞作

バイリンガル

his_b_img09

2013年5月 光文社

アメリカ人の夫と離婚した永島聡子は、日本に帰国し、予備校の講師をしながら一人息子を育てた。ある日、沢田仁奈という女性が聡子のもとを訪ね、自分の両親が亡くなるきっかけとなった、30年前にインディアナ州ラフィエットで起きた誘拐殺人事件の内容を話して欲しいと頼む。仁奈には親切にしなければと思いつつも、乗り気になれずにいた聡子だが、仁奈の日本での生い立ちや生活を聞き、事件の全貌を語り出す。

著者よりひとこと

「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という大きな賞をいただくことができまして、ほんとうにありがたく、感謝しております。
島田先生はじめ、選んでくださった皆様に、心より御礼申し上げます。30年前に賞をいただいた後、長いブランクがありましたが、諦めずに書き続けてよかったです。書く場所を再び与えていただいたのですから、頑張らねば、と思っております。どうもありがとうございました。。(2012年10月)

近 況

長編を書く前に詳しいあらすじを、と言われて三年。
自分が書こうとする物語のあらすじですから、書けなければいけないのですが、要求されたのは原稿用紙一枚や二枚ではなく、何十枚ものプロット。合格しないと、長編執筆のゴーサインがいただけないのです。
口頭でお話する分には、冗談も交えたりするので深刻さは軽減しますが、文書での近況報告なので、このくらいで勘弁してください。そんなわけで、残念ですがこの三年間、長編は陽の目を見ていません。 でも、安心してください。書いてますよ!
実は、この期間に書き進めた長編が、三作品あります。
A.本格推理
B.イヤミス、シリアルキラーもどき
C.青春ミステリ、暗号もどき
ただ今、出版社募集中です。読んであげてもいいよ、面白かったら出してあげてもいいよ、という奇特なお方がいらっしゃいましたら、お手数ですが〈おかしな年寄り猫〉までご連絡いただけますでしょうか。よろしくお願いします。(2016年3月31日)

著作品一覧

バイリンガル(2013年5月 光文社)

his_b_photo08

知念実希人(ちねんみきと)

1978年10月12日沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒。2004年から医師として勤務。日本内科学会認定医。

第4回受賞作

誰がための刃 レゾンデートル

tagatame_print_cov_120402

2012年4月 講談社

自らが末期癌に冒されていることを知った若手の外科医、岬雄貴は、自暴自棄となり殺人を犯してしまう。そのことがきっかけで、連続殺人鬼「ジャック」と接触を持った雄貴は、ジャックの思想に感化され、その共犯となる。偶然助けた少女、沙耶と心を通わすうちに、自らの行動に苦悩するようになる雄貴。「ジャック」はなぜ殺人を繰り返すのか、少女はなぜ追われるのか。残り少ない命をかけ、雄貴は少女のために戦いに挑む。

著者よりひとこと

このたびは福山ミステリー文学新人賞という素晴らしい賞を受賞させて頂き、島田先生を初め関係者の皆様には心より感謝しております。
応募の際は、この作品が「本格」を求めている福ミスに相応しいものなのか何日も迷いましたが、福ミスの選考方法や最終選考まで残れば島田先生に選評を頂けることに惹かれ、思い切って応募しました。受賞を知った時はすぐには信じられなくて一瞬呆然とした後、天にも昇るような気持ちになりました。
今回の作品は8年間の医療現場での経験を詰め込むことで、末期癌に冒された主人公から見た世界、そしてその生き様をできるだけリアルに描くように努めました。読んでくださった皆様に楽しんで頂ければ幸いです。
今後は賞の名に恥じぬよう精進し、読者の方に喜んで頂ける小説を書いてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。(2012年5月)

近 況

第四回福ミスを受賞しデビューさせて頂いてからのこの四年で、十三冊の本を刊行することができ、今年も六冊ほど新刊を出す予定になっている。出版不況のなか、こうして定期的に刊行できていることは本当にありがたいことだ。
ただ最近は執筆スケジュールが詰まって、毎日がかなり忙しくなっている。その執筆のストレスを癒やしてくれるのが、我が家のペット兼王子様である愛猫のハリー君である。ブラッシングや遊び相手をすることにより彼にかしずく時間、そして気まぐれに繰り出す猫パンチの肉球の感触が執筆の活力になっている。ハリー君が我が家に来てくれた時期は、私の本が売れ始めた時期と重なっているので、きっと彼が福を招いてくれたのだと思っている。
今年は四月から拙作『天久鷹央の推理カルテ』の漫画連載が始まったり、いくつかの作品で映像化のお話も頂いたりと、とても嬉しいことが続いている。それもこれも、福ミスを受賞させて頂いたからこそだ。少しでも恩返し出来るよう、さらに精進して福ミスが今以上に発展するお手伝いをしたいと思っている。(2016年3月31日)

著作品一覧

誰がための刃 レゾンデートル(2012年4月 講談社)
ブラッドライン(2013年7月 新潮社)
優しい死神の飼い方(2013年11月 光文社)
天久鷹央の推理カルテ(2014年10月 新潮社)
仮面病棟(2014年12月 実業之日本社)
天久鷹央の推理カルテⅡ ファントムの病棟(2015年3月 新潮社)
改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ(2015年5月 幻冬舎)
天久鷹央の推理カルテⅢ 密室のパラノイア(2015年6月 新潮社)
黒猫の小夜曲(セレナーデ)(2015年7月 光文社)
スフィアの死天使 ―天久鷹央の事件カルテ―(2015年8月 新潮社)
神酒クリニックで乾杯を(2015年10月 KADOKAWA)
天久鷹央の推理カルテⅣ 悲恋のシンドローム(2016年2月 新潮社)
淡雪の記憶 神酒クリニックで乾杯を(2016年4月 角川文庫)