受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

his_b_photo09

高林さわ(たかばやしさわ)

1945 年5月3日生まれ。千葉県出身。中学教師、塾自営の後引退。1981年「小説現代新人賞」受賞。

第5回受賞作

バイリンガル

his_b_img09

2013年5月 光文社

アメリカ人の夫と離婚した永島聡子は、日本に帰国し、予備校の講師をしながら一人息子を育てた。ある日、沢田仁奈という女性が聡子のもとを訪ね、自分の両親が亡くなるきっかけとなった、30年前にインディアナ州ラフィエットで起きた誘拐殺人事件の内容を話して欲しいと頼む。仁奈には親切にしなければと思いつつも、乗り気になれずにいた聡子だが、仁奈の日本での生い立ちや生活を聞き、事件の全貌を語り出す。

著者よりひとこと

「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という大きな賞をいただくことができまして、ほんとうにありがたく、感謝しております。
島田先生はじめ、選んでくださった皆様に、心より御礼申し上げます。30年前に賞をいただいた後、長いブランクがありましたが、諦めずに書き続けてよかったです。書く場所を再び与えていただいたのですから、頑張らねば、と思っております。どうもありがとうございました。。(2012年10月)

近 況

 七十歳過ぎても厄年はあるのでしょうか。去年はひどかったです。
 怪我のあと、歩けないのは不自由だろうと、知り合いのプーさんから中古車を安く買うように迫られたり、気合を入れて買った品物を置き引きされたり、腕にはめていた時計を紛失したり。あろうことか、ジイサンのストーカーに追いまわされたり。その他、いろいろありました。
 車は、前から考えていたので免許証を返納。新手の詐欺の難を逃れました。置き引きは交番で取り調べを経験し、ストーカーは徹底的に無視。
 そんな毎日でしたが、九十八歳の母はなんとか頑張っています。寝たきりですが、食事は車椅子で食堂へ。わたしが食べさせたほうが食欲が出るというので、介助に行っています。でも、食べてるときに脳虚血もどき、脳梗塞もどきの症状を呈することがあり、そのたびにギョッとなったりオロオロしたり。延命措置はしない、という一札を入れてあるので、万が一のときには受け入れざるを得ないことになります。携帯電話に連絡が入り次第駆けつける、という約束です。夜中にリリーンという音で目が覚め、夢か、とホッとすることも。
 小説は、二作品を別々の出版社さんに読んでいただいています。昨年よりは前進しているでしょうか。闇夜が明けて、現在夜明け前のような状態。と考えてもいいかなあ、なんて思っています。(2017年3月31日)

著作品一覧

バイリンガル(2013年5月 光文社)

his_b_photo08

知念実希人(ちねんみきと)

1978年10月12日沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒。2004年から医師として勤務。日本内科学会認定医。

第4回受賞作

誰がための刃 レゾンデートル

tagatame_print_cov_120402

2012年4月 講談社

自らが末期癌に冒されていることを知った若手の外科医、岬雄貴は、自暴自棄となり殺人を犯してしまう。そのことがきっかけで、連続殺人鬼「ジャック」と接触を持った雄貴は、ジャックの思想に感化され、その共犯となる。偶然助けた少女、沙耶と心を通わすうちに、自らの行動に苦悩するようになる雄貴。「ジャック」はなぜ殺人を繰り返すのか、少女はなぜ追われるのか。残り少ない命をかけ、雄貴は少女のために戦いに挑む。

著者よりひとこと

このたびは福山ミステリー文学新人賞という素晴らしい賞を受賞させて頂き、島田先生を初め関係者の皆様には心より感謝しております。
応募の際は、この作品が「本格」を求めている福ミスに相応しいものなのか何日も迷いましたが、福ミスの選考方法や最終選考まで残れば島田先生に選評を頂けることに惹かれ、思い切って応募しました。受賞を知った時はすぐには信じられなくて一瞬呆然とした後、天にも昇るような気持ちになりました。
今回の作品は8年間の医療現場での経験を詰め込むことで、末期癌に冒された主人公から見た世界、そしてその生き様をできるだけリアルに描くように努めました。読んでくださった皆様に楽しんで頂ければ幸いです。
今後は賞の名に恥じぬよう精進し、読者の方に喜んで頂ける小説を書いてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。(2012年5月)

近 況

先日、取材ではじめて鞆の浦に行った。これまで何度も行こうと思いつつ、執筆スケジュールの都合で断念していたが、出版社に我が儘を言い、なんとか実現にこぎつけた。仙酔島で野生の狸に会うなど、鞆の浦の情緒をたっぷりと味わうことができ、大満足だった。というわけで、現在執筆中の作品では鞆の浦、福山駅周辺、そして広島市内を舞台の一部にするつもりだ。思えば五年前に福ミスを受賞させて頂いてから、二十作近くの作品を刊行してきたが、未だに福山を舞台にした作品は発表出来ていなかった。心苦しく思っていたとき、ふと次回作の一場面が鞆の浦のイメージにぴったりだと思い至ったのだ。ぜひ福山そして広島の魅力を少しでも多くの方に伝えることができる作品にしたい。
 この五年間で多くの読者に作品を読んで貰えるようになってきた。それもすべて、福ミスでデビューすることが出来たからだ。その恩を少しでも返せるよう、福山の魅力を発信しつつ、多くの人に楽しんでいただける作品を書いていきたい。(2017年3月31日)

著作品一覧

誰がための刃 レゾンデートル(2012年4月 講談社)
ブラッドライン(2013年7月 新潮社)
優しい死神の飼い方(2013年11月 光文社)
天久鷹央の推理カルテ(2014年10月 新潮社)
仮面病棟(2014年12月 実業之日本社)
天久鷹央の推理カルテⅡ ファントムの病棟(2015年3月 新潮社)
改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ(2015年5月 幻冬舎)
天久鷹央の推理カルテⅢ 密室のパラノイア(2015年6月 新潮社)
黒猫の小夜曲(セレナーデ)(2015年7月 光文社)
スフィアの死天使 ―天久鷹央の事件カルテ―(2015年8月 新潮社)
神酒クリニックで乾杯を(2015年10月 KADOKAWA)
天久鷹央の推理カルテⅣ 悲恋のシンドローム(2016年2月 新潮社)
淡雪の記憶 神酒クリニックで乾杯を(2016年4月 角川文庫)
白銀の逃亡者(2016年6月 幻冬舎)
幻影の手術室 ー天久鷹央の事件カルテー(2016年9月 新潮社)
天久鷹央の推理カルテ 1巻(コミック)(2016年9月 新潮社)
あなたのための誘拐(2016年9月 祥伝社)
時限病棟(2016年10月 実業之日本社)
天久鷹央の推理カルテⅤ 神秘のセラピスト(2017年3月 新潮社)
天久鷹央の推理カルテ 2巻(コミック)(2017年3月 新潮社)
屋上のテロリスト(2017年4月 光文社)