受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

酒本歩

酒本歩(さかもとあゆむ)

1961年、長野県生まれ。東京都在住。早稲田大学政経学部卒。経営コンサルタント。
2016年、かつしか文学賞優秀賞受賞。

第11回受賞作

さよならをもう一度

a

2019年3月 光文社

 ドッグシッターの風太に一通の喪中はがきが届く。以前交際していた美咲の訃報だった。まだ32歳なのにと驚く。ほかの別れた恋人、蘭、エミリのことも思い出し連絡を取ろうとするが、消息がつかめない。
 別れたとは言え、三人は風太にとって大切な女性だった。彼女たちに何が起きているのか。いてもたってもいられない風太は三人のことを調べ始める。彼女たちの友人、住んでいた家、通っていた学校。しかし、彼女たちはまるで存在しなかったかのように、一切の痕跡が消えてしまっていた。
 あり得ないことに激しく動揺し、混乱する風太。消耗しつつも、彼女たちの生きた証を捜し続けるが・・・・・・。

著者よりひとこと

冒頭で主人公が出くわした謎は、作者の私も答えを見つけるまでに、書き始めてから数ヶ月かかりました。
『あり得ない謎をロジカルに解決する』。私が今作で挑戦し たことが、島田先生が唱える「本格ミステリ」の定義に通ずることに気づき、応募した次第です。
読んでくださる方が、主人公、私と同じように「あり得ない」と戸惑 い、そして解答にたどり着いたとき、「まさか」という興奮を味わっていただけたら望外の喜びです。

近 況

○デビュー第二作が三月下旬に光文社さんから発売されます。
 タイトルは『幻のオリンピアン』。東京オリンピックを目指す体操選手たちをめぐるミステリーです。『幻の彼女』と【幻】つながりですが、内容はまったく関わりがありません。偶然(?)です。
 おそらく聖火リレーが福島を出発する頃には、店頭に並んでいることと思います。
○この小説は2020東京オリンピックが決定した七年前から構想を温めてきました。昨年、福ミスでデビューを果たしたからこそ、オリンピックに出版が間に合ったのだと思うと、感無量です。
○今回も広島県が小説中に重要な役割を持って登場します。地元の皆様に喜んでいただければ幸いです。
○新人賞を目指していた頃、小説を書くことはたった一人の孤独な作業でした。作家になった現在は、一緒に考えてくれる編集者の方々、拙作を受け入れて店頭に並べていただく書店様との 「良いものを読者に届ける」ための共同作業なのだと思っています。
○年内に三作目の出版を目標に、頑張ります。(2020年3月28日)

著作品一覧

幻の彼女(2019年3月 光文社)
須田狗一

須田狗一(すだくいち)

1953年大阪市生まれ。IT会社に30年勤務後、退職。趣味で海外の推理小説を翻訳する傍ら推理小説を執筆。

第9回受賞作

神の手廻しオルガン

神の手廻しオルガン書影(帯なし)

 1942年、ナチスの国家保安部長官ハイドリヒがプラハで暗殺される。それから72年後、犬山市の山中で、心臓をえぐられ左腕を切り落とされた老人の死体が発見される。老人はポーランド語で「手回しオルガンが死んだ」と書いた手帳を残していた。
 その頃、私、翻訳家の吉村学はたまたま出会ったポーランドの女子中学生アンカの面倒を見ていたのだが、そのアンカがある日突然ワルシャワに帰国してしまう。不思議に思った私は、ワルシャワ行きを決意するが……

著者よりひとこと

 ずっと理系畑を歩んで来て、小説を書いても読者のいない私は、ただただ島田荘司先生のミステリー愛に満ちた講評をいただきたいがために「福山ミステリー文学新人賞」に応募いたしました。その作品が皆様の目に留まり、賞をいただきましたことは、本当に身に余る光栄です。島田先生、事務局の方々には感謝の言葉もありません。いただいた貴重な機会を生かすべく、今後も創作に励みたいと思います。

近 況

なかなか実際の出版にはつながらないのですが、ミステリーの執筆のほうは楽しんで続けています。年に二作ほどのペースで書いていますが、昨年は、かわいい初孫の世話にかまけていて(冗談ではなく、本当にかわいいのです)、ペースは落ちました。
ひとつは、平安時代を舞台にしたもので、平将門の正室であった老婆が殺害されるという事件を、検非違使の案主(あんじゅ)宗我部弘重(そがべのひろしげ)が追いかけます。「小右記」を書き始めたばかりの若き蔵人頭(くろうどのとう)藤原実資(ふじわらのさねすけ)の助けを借りて探索に奔走する弘重は、百二十年前の応天門炎上(伴大納言絵詞(えことば)に登場する例の事件です)の謎にたどりつきます。
もうひとつは現代もので、不動産業を営む親子が相次いで、頭蓋骨に九本の釘を打ち込まれて殺害されるという事件です。終戦直後に戦災孤児の四人兄妹が神社の境内で首を吊るという事件が浮かび上がってくるのですが、その長男藤次が愛読していた昭和八年に春陽堂から出版された「鏡の国(アリス物語)」が事件に暗い影を落とします。
そろそろ、ネタが尽きてきました。どうしましょう。無い知恵を絞る毎日です。(2020年3月28日)

著作品一覧

神の手廻しオルガン(2017年5月 光文社)
徳川慶喜公への斬奸状(2018年8月 光文社)

his_b_photo06

嶋戸悠祐(しまとゆうすけ)

1977年1月20日生まれ。北海道出身。北海道在住。

第3回優秀作

キョウダイ

his_b_img06

2011年8月 講談社

 主人公「私」は、妻と娘に恵まれ、仕事も順調で幸せな日々を送っていた。が、妻が持ち出した小学校時代のアルバムが人生を狂わせはじめる。それは過去を封印していた人間にとって存在してはならぬものだった。その日から恐ろしい幻影に襲われ精神的に追い詰められていった「私」は過去と対峙することに――。当時「私」には双子の兄弟がおり、北海道M市のボロアパート群、通称餓死町で悲惨な生活を送っていた......。

著者よりひとこと

 このたびは第3回福山ミステリー文学新人賞優秀作に選出いただき誠にありがとうございます。
 私にとって島田先生の作品というのは本当に特別なものでした。十代の頃に島田作品と出合い、貪るように読み耽りました。目くるめくような衝撃を受けました。そして、はじめて自分で小説を書いてみたいと強く思いました。
 私は島田先生の作品に出会っていなければ小説を書くことはなかったと思います。その島田先生に優秀作として選出いただき、これ以上の栄誉はありません。とにかくこれからはその栄誉に恥じぬよう24時間、いつでも頭のどこかでミステリーのことを考え、奇想を膨らませ、研鑽を重ね、この道をどこまでも突き進む覚悟でおります。そしていつかこの賞の価値を高め、本格ミステリーというジャンルを牽引するような作家になること。大それた考えと思われるかもしれませんがデビューできた暁には、これを目標として邁進いたします。(2011年5月)

近 況

 嶋戸悠祐と申します。今年も昨年に引き続き新刊を発表することはできませんでしたが、あきらめずに書いております。
 近いうち皆様に作品をお届けできるよう努力いたします。
 実は去年、私は北海道の札幌市に住んでいたのですが、石狩市に引っ越しました。元々、札幌の田舎の方に住んでいました。さらに田舎に移り住むこととなりました。今年は暖冬と言われておりますが、石狩は雪が多いです。最近は毎日雪かきをしております。必死に雪かきをしている私の姿を、家の中から二匹の猫がじっと見守ってくれています。
 幸せなのですが、もっと幸せになりたいので執筆頑張ります。(2020年3月28日)

著作品一覧

キョウダイ(2011年8月 講談社)
セカンドタウン(2013年8月 講談社)
キキョウダイ(2017年2月 講談社)