受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

高林さわ(たかばやしさわ)

1945 年5月3日生まれ。千葉県出身。中学教師、塾自営の後引退。1981年「小説現代新人賞」受賞。

第5回受賞作

バイリンガル

2013年5月 光文社

 アメリカ人の夫と離婚した永島聡子は、日本に帰国し、予備校の講師をしながら一人息子を育てた。ある日、沢田仁奈という女性が聡子のもとを訪ね、自分の両親が亡くなるきっかけとなった、30年前にインディアナ州ラフィエットで起きた誘拐殺人事件の内容を話して欲しいと頼む。仁奈には親切にしなければと思いつつも、乗り気になれずにいた聡子だが、仁奈の日本での生い立ちや生活を聞き、事件の全貌を語り出す。

著者よりひとこと

 「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という大きな賞をいただくことができまして、ほんとうにありがたく、感謝しております。
 島田先生はじめ、選んでくださった皆様に、心より御礼申し上げます。30年前に賞をいただいた後、長いブランクがありましたが、諦めずに書き続けてよかったです。書く場所を再び与えていただいたのですから、頑張らねば、と思っております。どうもありがとうございました。。(2012年10月)

近 況

昨年三月に福山にお邪魔したとき、実は体調があまり良くありませんでした。
知念さんに「売薬じゃ治らない。医者に行け」とアドバイスされ、翌週早速病院へ。診断は、「逆流性食道炎の重いヤツ」とのこと。重いヤツ、というのが泣かせます。その後、内視鏡検査やピロリ菌の退治などをされて、徐々に治るかなと思っていたら、体重が徐々に増加。「何やったんだ? このままじゃ死ぬぞ」と先生に呆れられて検査。立派な糖尿病だと診断され、糖尿病の専門医と食事療法の先生に引き渡されました。十月末でした。
十一月にもう一度検査しようと助け舟を出され、毎日350グラムの野菜を食べ、糖分をチェックする日々。その検査で、なんと「立派な糖尿病」という診断が覆り、ほぼ正常とのこと。「こんな患者は初めてだよ」と専門の先生。でも念のためにもう一回、とのことで一月にまた検査。十一月の結果よりもさらに数値が良くなり、どこも正常値。「こんな患者は初めてだよ」とまた褒められ、私は「ムフフ」と密かに喜んでおります。
小説は、介護の短編をというお話をいただいて、数編書いて編集者さんにお渡ししました。夏頃に新刊を出していただけるかもということですので、今は手直しをしています。
そのうちの一編を、先日発売の「小説宝石」二月号に載せていただきました。お読みいただけたら、うれしいです。「こんな小説、初めてだよ」なんて言われたいなあ。(2020年3月28日)

著作品一覧

バイリンガル(2013年5月 光文社/2018年4月 光文社文庫)