受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

須田狗一(すだくいち)

1953年大阪市生まれ。IT会社に30年勤務後、退職。趣味で海外の推理小説を翻訳する傍ら推理小説を執筆。

第9回受賞作

神の手廻しオルガン

 1942年、ナチスの国家保安部長官ハイドリヒがプラハで暗殺される。それから72年後、犬山市の山中で、心臓をえぐられ左腕を切り落とされた老人の死体が発見される。老人はポーランド語で「手回しオルガンが死んだ」と書いた手帳を残していた。
 その頃、私、翻訳家の吉村学はたまたま出会ったポーランドの女子中学生アンカの面倒を見ていたのだが、そのアンカがある日突然ワルシャワに帰国してしまう。不思議に思った私は、ワルシャワ行きを決意するが……

著者よりひとこと

 ずっと理系畑を歩んで来て、小説を書いても読者のいない私は、ただただ島田荘司先生のミステリー愛に満ちた講評をいただきたいがために「福山ミステリー文学新人賞」に応募いたしました。その作品が皆様の目に留まり、賞をいただきましたことは、本当に身に余る光栄です。島田先生、事務局の方々には感謝の言葉もありません。いただいた貴重な機会を生かすべく、今後も創作に励みたいと思います。

近 況

なかなか実際の出版にはつながらないのですが、ミステリーの執筆のほうは楽しんで続けています。年に二作ほどのペースで書いていますが、昨年は、かわいい初孫の世話にかまけていて(冗談ではなく、本当にかわいいのです)、ペースは落ちました。
ひとつは、平安時代を舞台にしたもので、平将門の正室であった老婆が殺害されるという事件を、検非違使の案主(あんじゅ)宗我部弘重(そがべのひろしげ)が追いかけます。「小右記」を書き始めたばかりの若き蔵人頭(くろうどのとう)藤原実資(ふじわらのさねすけ)の助けを借りて探索に奔走する弘重は、百二十年前の応天門炎上(伴大納言絵詞(えことば)に登場する例の事件です)の謎にたどりつきます。
もうひとつは現代もので、不動産業を営む親子が相次いで、頭蓋骨に九本の釘を打ち込まれて殺害されるという事件です。終戦直後に戦災孤児の四人兄妹が神社の境内で首を吊るという事件が浮かび上がってくるのですが、その長男藤次が愛読していた昭和八年に春陽堂から出版された「鏡の国(アリス物語)」が事件に暗い影を落とします。
そろそろ、ネタが尽きてきました。どうしましょう。無い知恵を絞る毎日です。(2020年3月28日)

著作品一覧

神の手廻しオルガン(2017年5月 光文社)
徳川慶喜公への斬奸状(2018年8月 光文社)