受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

酒本歩(さかもとあゆむ)

1961年、長野県生まれ。東京都在住。早稲田大学政経学部卒。
2016年、かつしか文学賞優秀賞受賞。

第11回受賞作

さよならをもう一度

2019年3月 光文社

 ドッグシッターの風太に一通の喪中はがきが届く。以前交際していた美咲の訃報だった。まだ32歳なのにと驚く。ほかの別れた恋人、蘭、エミリのことも思い出し連絡を取ろうとするが、消息がつかめない。
 別れたとは言え、三人は風太にとって大切な女性だった。彼女たちに何が起きているのか。いてもたってもいられない風太は三人のことを調べ始める。彼女たちの友人、住んでいた家、通っていた学校。しかし、彼女たちはまるで存在しなかったかのように、一切の痕跡が消えてしまっていた。
 あり得ないことに激しく動揺し、混乱する風太。消耗しつつも、彼女たちの生きた証を捜し続けるが・・・・・・。

著者よりひとこと

冒頭で主人公が出くわした謎は、作者の私も答えを見つけるまでに、書き始めてから数ヶ月かかりました。
『あり得ない謎をロジカルに解決する』。私が今作で挑戦し たことが、島田先生が唱える「本格ミステリ」の定義に通ずることに気づき、応募した次第です。
読んでくださる方が、主人公、私と同じように「あり得ない」と戸惑 い、そして解答にたどり着いたとき、「まさか」という興奮を味わっていただけたら望外の喜びです。

近 況

○デビュー第二作が三月下旬に光文社さんから発売されます。
 タイトルは『幻のオリンピアン』。東京オリンピックを目指す体操選手たちをめぐるミステリーです。『幻の彼女』と【幻】つながりですが、内容はまったく関わりがありません。偶然(?)です。
 おそらく聖火リレーが福島を出発する頃には、店頭に並んでいることと思います。
○この小説は2020東京オリンピックが決定した七年前から構想を温めてきました。昨年、福ミスでデビューを果たしたからこそ、オリンピックに出版が間に合ったのだと思うと、感無量です。
○今回も広島県が小説中に重要な役割を持って登場します。地元の皆様に喜んでいただければ幸いです。
○新人賞を目指していた頃、小説を書くことはたった一人の孤独な作業でした。作家になった現在は、一緒に考えてくれる編集者の方々、拙作を受け入れて店頭に並べていただく書店様との 「良いものを読者に届ける」ための共同作業なのだと思っています。
○年内に三作目の出版を目標に、頑張ります。(2020年3月28日)

著作品一覧

幻の彼女(2019年3月 光文社)
幻のオリンピアン(2020年3月 光文社)