受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

神谷一心(かみやいっしん)

1980年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業。2004年,行政書士試験合格。2009年,第16回電撃小説大賞にて「精恋三国志Ⅰ」で電撃文庫MAGAZINE賞を受賞。

第7回受賞作

たとえ、世界に背いても

2015年5月 講談社

 20XX年の冬,スウェーデンのストックホルムではノーベル賞受賞者を祝う晩餐会が開かれていた。祝宴の最中,ノーベル医学・生理学賞の受賞者である浅井由希子博士は,壇上で紫斑性筋硬化症候群という奇病について語り始める。彼女の息子はその奇病に冒されていたのだ。参列者の誰もが息子の治療の為に研究し続けた母親の言葉に感動した。しかし,彼女は美談の果てにこんな言葉を解き放つ。「私の息子は自殺したのではありません。長峰高校の元一年B組の生徒達に苛め殺されたのです」と。こうして,天才医学者による人類史上,未曾有の復讐劇が幕を開けた。

著者よりひとこと

 この度は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という素晴らしい賞を頂き、光栄に思っています。島田先生、事務局の皆様、一次及び二次選考に関わって下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。今から二十年前、まだ中学生だった頃から、いつかミステリー小説を書きたいと思っていました。そのチャンスを与えて下さった皆様の期待に応えられるようにこれからも努力していきたいと思います。(2015年5月)

近 況

 大学生の頃、経済学の講義でアジアの通貨危機について知りました。その時、市場というものは無数の投機家が関わっていることを知り強い興味を持ちました。卒業後も自分で色々と調べていたら市場にはいくつか法則があることを見つけました。そのうちのひとつは私たちの人生が一変するようなとても面白い法則です。
 私はその法則について何らかの形で発表できないかと思いました。しかし、大学院に通っているわけでもないので良い手段がありません。そこで島田荘司先生や松本清張先生のように論文ではなく小説、それも世界の謎を解くミステリーという形式で表現できないかと考えました。試しにヨブ記に関する思索を絡めながら「たとえ、世界に背いても」を執筆したところ幸いばらのまち福山ミステリー文学新人賞をいただきました。
 島田先生のおかげで出版関係者と知り合えました。あとは作品をブラッシュアップさせるだけ。もし発表できれば多くの人を喜ばせることができるはずです。いつかこの作品を世に出したいです。(2020年3月28日)

著作品一覧

たとえ、世界に背いても(2015年5月 講談社)