受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

松本寛大(まつもとかんだい)

1971年生まれ。北海道札幌市出身。札幌市在住。

第1回受賞作

玻璃の家

2009年3月 講談社

 アメリカ・マサチューセッツ州の小都市。そこにはかつてガラス製造業で財を成した富豪が、謎の死を遂げた廃屋敷があった。11歳の少年コーディは、その屋敷を探索中に死体を焼く不審人物を目撃する。だが、少年は交通事故にあって以来、人の顔を認識できないという「相貌失認」の症状を抱えていた。視覚自体に問題はなく対象の顔かたちが見えてはいるものの、その識別ができないのだ。犯人は誰なのか?州警察から依頼を受けた日本人留学生・若き心理学者トーマは、記憶の変容や不完全な認識の奥から真相を探り出すために調査を開始する。真相に肉迫するにつれ明らかになる、怪死した富豪一族とこの難事件との忌まわしき因縁…。

著者よりひとこと

 本作は、少しでも新しいミステリーをという模索から生まれたものです。力が及ばなかった部分が多々あることは自覚しておりますが、栄えある福山ミステリー文学新人賞を受賞できたのも、そうした様々な模索の痕跡を評価していただいたからかもしれません。
 今後とも、ミステリーのさらなる未来へ向けての挑戦心を忘れずに、執筆に励みたいと思います。(2011年6月)

近 況

 以前より健康状態が思わしくなく、検査を続けていたのですが、ようやく病名が確定。完治の難しい病気に罹患していたことが判明しました。そのため、昨年は三度も入院してしまいました。
 あたりまえのことですが、病というのはなんの前触れもなくおとずれ、生活を変えてしまうものだと実感しました。
 とはいえ、なってしまったものは仕方がありませんし、人は誰でもリスクを背負って生きていくものです。あまり気に病まず、病気と長くつきあっていこうと思っています。幸い、現在のところ、病状は落ち着いています。
 さて、先日、新聞連載を中心にまとめた批評集『現代北海道文学論』(共著・藤田印刷エクセレントブックス)が刊行されました。ご興味があればお手にとってみてください。
 昨年は映画・小説の批評のほか、怪奇幻想文学専門誌「NIGHT LAND Quarterly」(書苑新社)への小説の寄稿、柄刀一さんが中心となってはじめた短編小説コンテスト「ミステリークロスマッチ」への参加もしています。
 また、二年の任期で本格ミステリ大賞の予選委員をつとめることになりました。多くの作品を読ませていただいたのですが、近年のミステリシーンの豊かさに驚いています。(2020年3月28日)

著作品一覧

玻璃の家(2009年3月 講談社)
クトゥルフ・ワールドツアー クトゥルフ・ホラーショウ(2011年2月 アークライト:共著)
ミステリ・オールスターズ収録「最後の夏」(アンソロジー 2010年9月 角川書店/2012年9月 角川文庫)
妖精の墓標(2013年3月 講談社)
クトゥルフ神話TRPG クトゥルフカルト・ナウ(2013年3月 エンターブレイン:共著)
北の想像力 《北海道文学》と《北海道SF》をめぐる思索の旅(2014年5月 寿郎社:共著)
クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ2015(2015年9月 エンターブレイン:共著)
クトゥルフ神話TRPG モジュラークトゥルフ(2016年11月 エンターブレイン:共著)