受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

松嶋智左(まつしまちさ)

1961年大阪府枚方市在住。2005年「北日本文学賞」,2006年「織田作之助賞」受賞。

第10回受賞作

虚の聖域 梓凪子の調査報告書

2018年5月 講談社

元警察官にして探偵・梓凪子に舞い込んだ依頼は最悪のものだった。
理由はふたつ。
ひとつは、捜査先が探偵の天敵とも言える学校であること。
もうひとつは、依頼人が、犬猿の仲である姉の未央子であること。
大喧嘩の末、凪子は未央子の息子・輝也の死を捜査することになる。
警察は自殺と判断したにもかかわらず、凶器をもった男たちに襲撃された凪子は、事件に裏があることを確信するが――。
責任を認めない教師、なにかを隠している姉、不可解な行動を繰り返す輝也の同級生――。
すべての鍵は、人々がひた隠しに守っている心のなかの“聖域”だった。

著者よりひとこと

 ミステリー小説が好きで、ずっと書き続けてきましたが、結果が出ないことに疲れ、ミステリーを書くのをやめようかと思い始めていました。今回の作品は、そんな思いと共に仕上げたものです。それが今回、このような賞をいただけたということは、私にとっては正に奇跡を見るような驚きであり、望外の喜びです。
 わたしの途絶えかけた気持ちを太い糸で繋ぎ留めてくださった、島田荘司先生や関係者の皆様に深く御礼申し上げます。このタイミングで授かったチャンスを大切にして、気持ちを新たに、更なる飛躍を目指して書き続けていこうと思います。

近 況

 平成最後の年に2作目を上梓でき、令和二年を迎えました。
 最近、警察を舞台にした小説を書いているせいか、遥か昔の、警察官であった頃のことをよく思い出します。その中でも一番大変だったのは、やはり交通機動隊(白バイ)時代でしょうか。訓練がしんどかった。様々な訓練がありましたが、その中に有名な大怪獣の名を取って「モ〇ラ」と名付けられたものがありました。それは、数台のバイクが縦一列で、間を開けずに走ること。特にS字、クランク走行となると車間はほぼゼロに。見つめるのはひたすら前のバイクのブレーキランプだけ。自分のブレーキをかけるタイミングが遅れるとぶつかってしまう。この訓練がどうして「モ〇ラ」と呼ばれるのか。それは、件の怪獣の幼虫に、走行している車列が似ているからだそうです。こんな風に時折、妙な事を思い出すという副作用はありますが、前を走る作家の方々の後ろを、大きく車間をあけられながらもついて行きたいと、そう思っています。
 今年5月、新刊の新潮文庫から新作が出ることになっています。沢山の方に読んでもらえれば嬉しいです。(2020年3月28日)

著作品一覧

虚の聖域 梓凪子の調査報告書(2018年5月 講談社)
貌のない貌 梓凪子の捜査報告書(2019年3月 講談社)
女副署長(2020年5月 新潮文庫)
匣の人(2021年4月 光文社)
女副署長 緊急配備(2021年6月 新潮文庫)
開署準備室 巡査長・野路明良(2021年9月 祥伝社文庫)