受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

明利英司(めいりえいじ)

1985年6月24日鹿児島県に生まれ、幼少期を過ごし、その後、宮崎県で育つ。東京都在住。飲食店の店長をしていたが、現在は執筆に専念している。

第6回優秀作

旧校舎は茜色の迷宮

2014年8月 講談社

 一年前の秋、白石秋美の通う高校では、人気教師・宇津木が旧校舎内で何者かに殺害される事件が起きた。そして、翌年の同じ日に、こんどは秋美の慕う男性教師・小垣が同じ旧校舎から飛び降りて死亡する。怪奇話が大好きな空手部の渋谷新司と、それらの話を全く信じない生徒会長の木吉吾朗とともに、二人の死の真相に迫ろうとする秋美。 二つの事件を繋ぐ闇を追う刑事も巻き込みながら、迎えた文化祭の夜。隠され続けていた真実が、秋美の前に現れる―。

著者よりひとこと

 権威ある、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞において優秀作に選出していただき、島田荘司先生、教育委員会の皆様、選考に携わっていただいた方々に、心よりお礼を申し上げます。この結果は、まだ未熟だがひとまず腰を据えて小説を書いてみてはいかがだろうか、という言葉を投げかけられたのだと考えております。その意思を裏切らないよう、本賞がますます栄えるようなミステリーの創造に、人生を大いに使っていこうと思います。(2014年8月)

近 況

 福山市の方々、こんにちは。市外からお越しの方は、ようこそ福山へおいでくださりました。明利英司と申します。
 私の作家としての近状はというと、新作を執筆中であります。昨年はプライベート面が慌ただしく、デビューしてからはじめて新刊を出さない一年となってしまいましたが、今年はまた作家業に精を出し、夏ごろには新たな作品を刊行できそうです。よい報告ができるようにがんばります。
 原稿を書くこと以外の時間は、私は現在、都内にある専門学校の《小説・シナリオ学科》に講師として通っているので、将来活躍してくれるかもしれない作家の卵たちの指導をしています。また、音楽活動をしており、《譫言(うわごと)》というバンドでエレキベースを弾いています。スリーピースバンドで、三人のうち二人が現役の小説家という面白いメンバー構成です。ユーチューブで演奏動画も見れますし、CDも通販されていますので、興味がありましたら聴いてみてください。
 あと私はとても料理が好きですので、ツイッターにて手料理の紹介をしています。有り難いことに非常に評判がよく、沢山の反応をいただいて驚いています。これも機会があればぜひ、覗いてみてくださいね。(2020年3月28日)

著作品一覧

旧校舎は茜色の迷宮(2014年8月 講談社)
幽歴探偵アカイバラ(2016年4月 講談社)
憑きもどり(2016年5月 ブログハウス)
瑠璃色の一室(2018年8月 書肆侃侃房)