受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

his_b_photo12

若月香(わかつきかおり)

広島県福山市生まれ。2004年「いま、会いにゆきます」の映画企画本「ずっと、ずっと、あなたのそばに~澪の物語~」でデビュー。2014年島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学賞優秀作「屋上と、犬と、ぼくたちと」で再デビューを果たす。

第6回優秀作

屋上と、犬と、ぼくたちと

カバー1_OL

2014年9月 光文社

ガソリンスタンドでバイトをしている野村修司は、アパートの新聞受けに謎のメモがはさまれていることに気付く。はじめは意味のわからない内容だったが、翌週以降も届くメモを見ると、それは小学校時代に起きた不幸な出来事を指しているようだ。仲間と拾った子犬を内緒で飼っていた秋葉ビルの『屋上の屋上』から、台風の日に仲間の一人、オッタが転落して亡くなったのだ。 バイト先のミステリー好きの店長にメモを見せると、オッタの死に不審を抱き、メモの主を突き止めようと言い出すのだが―。

著者よりひとこと

「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」発足のニュースを耳にしたときから、生まれも育ちも福山市のわたしは、いつか絶対に応募しよう!と心に決めていました。そして初めてのミステリーというチャレンジでしたが、このような賞をいただき、大変嬉しく、幸せです。島田荘司先生、そして関係者の皆様に心より感謝いたします。 今後も創作と創造をライフワークに、書き続けたいと思います。 本当にありがとうございました!(2014年9月)

近 況

 日々流れるように過ぎていき、二〇一七年もはや初夏の頃となりました。
 昨年から「疲れていても、毎日ちょっとでも原稿を書く」をモットーに創作を続けています。気分がのらない日や、とても眠い日もありますが、ちょっとだけでも原稿にむかうようにしています。原稿にむき合うと浮かばなかった発想も、眠ろうとすると瞼の内側に浮かんできて、「あ、これ面白いかも」となっても眠くってメモさえできず、翌朝そのアイディアがなんだったのか思い出せない!ということもままありますけど。
 それでも創作は、やはり楽しいです。
 執筆の最中は孤独だし、なかなか出版に至らない焦燥感もあるのですが、長年どうしてもやめられないでいるので、きっと創作そのものが本当に好きなのだろうな、と思います。
 ではなぜ好きなのか。
 うーん。考えてみましたが理由が思いつきません。ただただ創りたくなるのです。不思議です。(2017年3月31日)

著作品一覧

屋上と、犬と、ぼくたちと(2014年9月 光文社)