受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

石井真由子さん写真

北里紗月(きたざとさつき)

1977年生まれ。千葉県出身。大学院で生物学を修めた後、現在は胚培養士として病院に勤務。家庭では3人の子どもを持つ母親。

第9回優秀作

さようなら、お母さん

さようなら、お母さん書影

2017年4月 講談社

原因不明の奇病を患った兄は激痛に耐えかね、病院の窓から飛び降りて死んだ。兄の症状に納得がいかない妹の笹岡玲央は看護師から、義姉の真奈美が兄の腫れた足に巨大な蜘蛛を乗せていたと聞く。 美しく聡明で献身的な義姉の「本当の顔」とは? 玲央の幼なじみの天才毒物研究者・利根川由紀が調査に乗り出す。

著者よりひとこと

この度は、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞において優秀作に選出していただき、心から嬉しく思います。第一子出産後から小説を書くはじめ6年が経ち、赤ん坊だった長女も今や持ち上げられないほどです。そして第三子が生まれた2016年、人生最高の瞬間が訪れました。このような機会を与えてくださった島田荘司先生や、選考委員の方々の期待を裏切らぬよう、「福ミス」の名に恥じぬよう、精一杯努力していきたいと思います。

著作品一覧

さようなら、お母さん(2017年4月 講談社)
his_b_foto-111x115

金澤マリコ(かなざわまりこ)

1958年千葉県生まれ。静岡県在住。上智大学文学部史学科卒。

第7回優秀作

ベンヤミン院長の古文書

ベンヤミン院長の古文書(帯なし)

2015年11月 原書房

著者よりひとこと

優秀作のお知らせをいただき、たいへん光栄に思っております。島田荘司先生、選考過程でこの作品を読んでくださったすべての方々、事務局の皆様に心より感謝申しあげます。「物語を書く人になりたい」という夢を持ったのは高校生の頃だったと記憶しますが、長いこと自分には無理と思いこんでいました。いまようやくその夢が形をとりはじめたようです。書いてみてよかった! これからも力の及ぶかぎり楽しく書いていきたいと思っています。(2015年5月)

近 況

今年一月、三十年ぶりに水泳教室に入門しました。長年お世話になっているかかりつけの先生から「金澤さん、これからは健康が大事だよ。何でもいいから毎日運動しなさい」と諭されたのがきっかけです。目標はゆったり平泳ぎで千メートル(♡)。ところが、クロールと背泳ぎはまあまあになったのに、平泳ぎは前に進むどころか息つぎさえできずその場に沈んでゆく始末。どこかが間違っているに違いありません。
 さて、もうすぐ二冊目の本が刊行されることになりました。五月のばら祭でお披露できるよう、ただいま作業のまっ最中です。今回の作品の舞台は十二世紀末のパリなのですが、当時の医学で大きな役割を担っていたものといえば薬草です。そして、上記の先生は漢方医でいらっしゃり、薬草には特にお詳しいのです。というわけで、先生をはじめ、多くの方の助けもいただいて書き上げた作品です。中世ヨーロッパの雰囲気を少しでも味わい、楽しんでいただけたら嬉しいです。(2017年3月31日)

著作品一覧

ベンヤミン院長の古文書(2015年11月 原書房)
薬草とウインク(2017年4月 原書房)

his_b_photo03

叶紙器(かのうしき)

1965年、大阪府生まれ。大阪府在住。会社員。

第2回受賞作

伽羅の橋

his_b_img03

2010年3月 光文社

介護老人保健施設の職員・四条典座は、認知症の老人・安土マサヲと出会い、その凄惨な過去を知る。昭和二十年八月十四日、大阪を最大の空襲が襲った終戦前日、マサヲは夫と子供二人を殺し、首を刎ねたという―穏やかそうなマサヲが何故そんなことをしたのか?典座は調査を進めるうちに彼女の無実を確信し、冤罪を晴らす決意をする。死んだはずの夫からの大量の手紙、犯行時刻に別の場所でマサヲを目撃したという証言、大阪大空襲を描いた一編の不思議な詩…様々な事実を積み重ね、典座にある推理が浮かんだそのとき、大阪の町を未曾有の災害・阪神大震災が襲う―!!時を経た大戦下の悲劇を、胸がすくようなダイナミックな展開で解き明かしてゆく、人間味溢れる本格ミステリー。

著者よりひとこと

この『伽羅の橋』は、いちど下書きをしているのですが、その間も不安で不安でしかたがありませんでした。
こんなことを書いていいのだろうか、実直に足で稼ぐ調査が本格を名乗るにふさわしいだろうか、後半で話の性格が変わってしまうけどいいのだろうか。
そんな内容もさることながら、その分量と構成に、自分自身がひるんでしまったのです。なんといっても、下書きの段階で、三百枚ありましたから。
特に、活劇シーンで終わるという締め括りは、前半と全く違う話の展開にもなるため、長編二本を同時に書くようなものでした。無難に済ます方法もあるだろうから、分不相応なことはやめて推理ものの本分を尽くそう。そうも思いました。
ではなぜ書いたのか。
これは、なぜ福ミスに応募したのか、ということに密接に関係しています。それは実に単純なことで、私にとって最も選考基準の分かりやすい賞だったからです。
島田荘司を驚かせること。
それだけを目指せば、応募資格を得られるのです。他に何も考える必要はありません。ただ、そこにあるハードルは、高いのだろうとは分かっても、どれだけの高さをクリアしなければならないか、は見当も付きません。
乾坤一擲を持っていこう。
それしかないと思いました。できる全てを込めよう、そう決心しました。だからこそ、活劇シーンは採用されたのです。
どれだけの高みにのぼれたか、書いたあともなお不安です。
次のハードルを越えれば、少しは分かるのでしょうか。(2011年6月)

近 況

近況報告、というか最近興味があって悟ったこと。。
股関節の一部、大腿骨側のくびれた部分を大腿骨頸部といいます。ここがよく折れるんです。でも、もっと細い足の小指等が折れてもよさそうなのに、なぜ大腿骨頸部なのか。不思議です。
大腿骨頸部の先には丸い骨頭があり、骨盤にはまり込んでいます。この部分を緩衝材となり守っているのが軟骨です。加齢で骨は弱り、柔らかい筈の緩衝材も固くなり、すり減ります。すると、滑らかに動く筈の骨頭が一瞬固定され、大腿骨から下全部が力点に、固定された骨頭が支点に、問題の大腿骨頚部が作用点になります。つまりは「てこの原理」せん抜きの要領で折れるのです。ポンッと。 あとは金具で骨頭を固定したり、骨頭全てを人工物に置き換えたりしないといけません。レントゲン写真を見ると、サイボーグ手術への第一歩か、なんて思えます。でも、その未来への一歩がたいへん、骨が折れるんです。予後はともかく、おあとがよろしいようで。(2017年3月31日)

著作品一覧

伽羅の橋(2010年3月 光文社/2013年2月 光文社)
回廊の鬼(2014年4月 光文社)

danshi-111x135

神谷一心(かみやいっしん)

1980年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業。2004年,行政書士試験合格。2009年,第16回電撃小説大賞にて「精恋三国志Ⅰ」で電撃文庫MAGAZINE賞を受賞。

第7回受賞作

たとえ、世界に背いても

his_b_ima-123x179

2015年5月 講談社

著者よりひとこと

この度は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という素晴らしい賞を頂き、光栄に思っています。島田先生、事務局の皆様、一次及び二次選考に関わって下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。今から二十年前、まだ中学生だった頃から、いつかミステリー小説を書きたいと思っていました。そのチャンスを与えて下さった皆様の期待に応えられるようにこれからも努力していきたいと思います。(2015年5月)

近 況

 受賞作を刊行してから二年ほど経ちました。その間、担当編集者と相談しながらいくつかの作品を執筆しました。原稿枚数だけで言えば三千枚くらいは編集部に渡したでしょうか? 学園ミステリーやギャングが出てくるサスペンス、男女の純愛が絡むミステリーなども編集者に読んでもらいました。
 どれか一つくらいはいけるかな、と思っていたのですが出版のハードルというのはなかなか高いようで今のところ、めどは立っていません。現時点で続行中の企画が一つあり、原稿も千枚ほど渡してあります。担当編集者と相談しながら少しでも早く受賞後第一作を刊行できるよう頑張りたいと思っています。
 小説執筆以外ではサウンドノベル形式のゲームを作っています。「かまいたちの夜」のようなミステリー作品にするつもりです。こちらは基本無料でWEBかスマホに配信するつもりです。(2017年3月31日)

著作品一覧

たとえ、世界に背いても(2015年5月 講談社)