受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

石井真由子さん写真

北里紗月(きたざとさつき)

1977年生まれ。千葉県出身。大学院で生物学を修めた後、現在は胚培養士として病院に勤務。家庭では3人の子どもを持つ母親。

第9回優秀作

さようなら、お母さん

さようなら、お母さん書影

2017年4月 講談社

 原因不明の奇病を患った兄は激痛に耐えかね、病院の窓から飛び降りて死んだ。兄の症状に納得がいかない妹の笹岡玲央は看護師から、義姉の真奈美が兄の腫れた足に巨大な蜘蛛を乗せていたと聞く。
 美しく聡明で献身的な義姉の「本当の顔」とは?玲央の幼なじみの天才毒物研究者・利根川由紀が調査に乗り出す。

著者よりひとこと

 この度は、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞において優秀作に選出していただき、心から嬉しく思います。第一子出産後から小説を書くはじめ6年が経ち、赤ん坊だった長女も今や持ち上げられないほどです。そして第三子が生まれた2016年、人生最高の瞬間が訪れました。このような機会を与えてくださった島田荘司先生や、選考委員の方々の期待を裏切らぬよう、「福ミス」の名に恥じぬよう、精一杯努力していきたいと思います。

近 況

今年も授賞式に参加する季節になり、一年の早さを痛感しております。現在、三作目の出版に向けて、執筆を続けている真っ最中です。
 三作目の題材はバイオテロなのですが、物語を書き上げている間に現実世界が大変なことになってしまいました。コロナウィルスによる新型肺炎の世界的流行です。もちろん今回の流行はバイオテロではありません。世界中で感染症と闘っている方々の無事をお祈りしております。この近況報告を読む頃には、収束に向かっていることを願って止みません。
 さて、話は変わりますが、一念発起してツイッターを始めました。苦手意識の強い分野でどうなることかと不安でしたが、楽しく続けています。日々の呟きに加え、役に立たない生物学豆知識をそっと放出しています。よろしければフォローして頂けると嬉しいです。
 せっかくなのでお一つ。
イルカとクジラは同じ生物。歯があるクジラはハクジラ、歯のないクジラはヒゲクジラに分類される。このためイルカはハクジラに分類される。
 知っていたところで今後の人生には一切無関係でしょう。(2020年3月28日)

著作品一覧

さようなら、お母さん(2017年4月 講談社)
清らかな、世界の果てで(2018年7月 講談社)
連鎖感染 chain infection(2020年12月 講談社)

his_b_foto-111x115

金澤マリコ(かなざわまりこ)

千葉県生まれ。静岡県在住。上智大学文学部史学科卒。

第7回優秀作

ベンヤミン院長の古文書

ベンヤミン院長の古文書(帯なし)

2015年11月 原書房

 古文書には暗号によってアレクサンドリア図書館の蔵書の隠し場所が記されているという。新教皇ソテル二世は暗号を解いて「人類の宝」を公にしようとする。しかし守旧派らによる様々な思惑から攻撃にさらされる。ロマン溢れる本格歴史ミステリー。

著者よりひとこと

 優秀作のお知らせをいただき、たいへん光栄に思っております。島田荘司先生、選考過程でこの作品を読んでくださったすべての方々、事務局の皆様に心より感謝申しあげます。「物語を書く人になりたい」という夢を持ったのは高校生の頃だったと記憶しますが、長いこと自分には無理と思いこんでいました。いまようやくその夢が形をとりはじめたようです。書いてみてよかった! これからも力の及ぶかぎり楽しく書いていきたいと思っています。(2015年5月)

近 況

こんにちは。『ベンヤミン院長の古文書』で優秀作をいただいた金澤マリコと申します。
受賞作および二作目の『薬草とウインク』を原書房から刊行いたしました。
現在は三作目の執筆中です。
大航海時代、アフリカのみならずアジアの各地からヨーロッパや新大陸に強制連行された人々が存在していました。そのなかには多くの日本人も含まれていたことをご存知の方もいらっしゃると思います。 今度の作品では、奴隷になった日本の少年が登場します。日本、エジプト、ポルトガルをつなぐ歴史の大舞台のなかで少年が生き抜く物語です。
執筆に苦戦しておりますが、楽しんでいただける作品になるよう、日々励んでおります。
刊行されましたらどうぞよろしくお願いいたします。(2020年3月28日)

著作品一覧

ベンヤミン院長の古文書(2015年11月 原書房)
薬草とウインク(2017年4月 原書房)
木乃伊の都(2021年6月 光文社)

his_b_photo03

叶紙器(かのうしき)

1965年、大阪府生まれ。大阪府在住。会社員。

第2回受賞作

伽羅の橋

his_b_img03

2010年3月 光文社

 介護老人保健施設の職員・四条典座は、認知症の老人・安土マサヲと出会い、その凄惨な過去を知る。昭和二十年八月十四日、大阪を最大の空襲が襲った終戦前日、マサヲは夫と子供二人を殺し、首を刎ねたという―穏やかそうなマサヲが何故そんなことをしたのか?典座は調査を進めるうちに彼女の無実を確信し、冤罪を晴らす決意をする。死んだはずの夫からの大量の手紙、犯行時刻に別の場所でマサヲを目撃したという証言、大阪大空襲を描いた一編の不思議な詩…様々な事実を積み重ね、典座にある推理が浮かんだそのとき、大阪の町を未曾有の災害・阪神大震災が襲う―!!時を経た大戦下の悲劇を、胸がすくようなダイナミックな展開で解き明かしてゆく、人間味溢れる本格ミステリー。

著者よりひとこと

 この『伽羅の橋』は、いちど下書きをしているのですが、その間も不安で不安でしかたがありませんでした。
こんなことを書いていいのだろうか、実直に足で稼ぐ調査が本格を名乗るにふさわしいだろうか、後半で話の性格が変わってしまうけどいいのだろうか。
そんな内容もさることながら、その分量と構成に、自分自身がひるんでしまったのです。なんといっても、下書きの段階で、三百枚ありましたから。
特に、活劇シーンで終わるという締め括りは、前半と全く違う話の展開にもなるため、長編二本を同時に書くようなものでした。無難に済ます方法もあるだろうから、分不相応なことはやめて推理ものの本分を尽くそう。そうも思いました。
ではなぜ書いたのか。
これは、なぜ福ミスに応募したのか、ということに密接に関係しています。それは実に単純なことで、私にとって最も選考基準の分かりやすい賞だったからです。
島田荘司を驚かせること。
それだけを目指せば、応募資格を得られるのです。他に何も考える必要はありません。ただ、そこにあるハードルは、高いのだろうとは分かっても、どれだけの高さをクリアしなければならないか、は見当も付きません。
乾坤一擲を持っていこう。
それしかないと思いました。できる全てを込めよう、そう決心しました。だからこそ、活劇シーンは採用されたのです。
どれだけの高みにのぼれたか、書いたあともなお不安です。
次のハードルを越えれば、少しは分かるのでしょうか。(2011年6月)

近 況

 最近、またガソリン価格が上がってきました。やんちゃなトランプさんのお陰で、中東が騒がしいのが原因でしょうか。
 随分と昔、耳にしたことですが、原油の大半は船で運ばれます。産油国は、政情不安定な中東に多いですから、航路は常に危険で、商社はタンカーに多額の保険を掛けるそうです。実は、これが問題で、その保険料が事あるごとに変動するのです。今回のような状態では、一挙に上がったことでしょう。それがガソリン価格に反映する、と。
 船は、まだインド洋当たりかもしれません。なのに、もう値上げって。ですから、船が実際に沈むかどうかは関係ありません。保険料という経費が上がったから値上げするのです。素早く、損を出さないため、早め早めの行動です。私も、いつも職場で上司や経営者から言われていることです。企業としては実に正しい。
 つまり、原油価格の高騰でガソリンが値上がりするのではなく、聞いた話が正しいなら、保険料の値上がり分を、商社に代わって我々がカバーするだけの話なのです。理不尽ですから、トランプさん、少し穏便にお願いしますよ。(2020年3月28日)

著作品一覧

伽羅の橋(2010年3月 光文社/2013年2月 光文社)
回廊の鬼(2014年4月 光文社))
美しすぎる教育評論家の依頼 よろず請負業さくら屋(2019年6月 光文社)

男性アイコン

神谷一心(かみやいっしん)

1980年生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業。2004年,行政書士試験合格。2009年,第16回電撃小説大賞にて「精恋三国志Ⅰ」で電撃文庫MAGAZINE賞を受賞。

第7回受賞作

たとえ、世界に背いても

his_b_ima-123x179

2015年5月 講談社

 20XX年の冬,スウェーデンのストックホルムではノーベル賞受賞者を祝う晩餐会が開かれていた。祝宴の最中,ノーベル医学・生理学賞の受賞者である浅井由希子博士は,壇上で紫斑性筋硬化症候群という奇病について語り始める。彼女の息子はその奇病に冒されていたのだ。参列者の誰もが息子の治療の為に研究し続けた母親の言葉に感動した。しかし,彼女は美談の果てにこんな言葉を解き放つ。「私の息子は自殺したのではありません。長峰高校の元一年B組の生徒達に苛め殺されたのです」と。こうして,天才医学者による人類史上,未曾有の復讐劇が幕を開けた。

著者よりひとこと

 この度は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という素晴らしい賞を頂き、光栄に思っています。島田先生、事務局の皆様、一次及び二次選考に関わって下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。今から二十年前、まだ中学生だった頃から、いつかミステリー小説を書きたいと思っていました。そのチャンスを与えて下さった皆様の期待に応えられるようにこれからも努力していきたいと思います。(2015年5月)

近 況

 大学生の頃、経済学の講義でアジアの通貨危機について知りました。その時、市場というものは無数の投機家が関わっていることを知り強い興味を持ちました。卒業後も自分で色々と調べていたら市場にはいくつか法則があることを見つけました。そのうちのひとつは私たちの人生が一変するようなとても面白い法則です。
 私はその法則について何らかの形で発表できないかと思いました。しかし、大学院に通っているわけでもないので良い手段がありません。そこで島田荘司先生や松本清張先生のように論文ではなく小説、それも世界の謎を解くミステリーという形式で表現できないかと考えました。試しにヨブ記に関する思索を絡めながら「たとえ、世界に背いても」を執筆したところ幸いばらのまち福山ミステリー文学新人賞をいただきました。
 島田先生のおかげで出版関係者と知り合えました。あとは作品をブラッシュアップさせるだけ。もし発表できれば多くの人を喜ばせることができるはずです。いつかこの作品を世に出したいです。(2020年3月28日)

著作品一覧

たとえ、世界に背いても(2015年5月 講談社)