コウモリ通信

知念実希人の新刊「天久鷹央の推理カルテ」発売!

福ミス第4回受賞作「誰がための刃 レゾンデートル」の作者,知念実希人さんの新刊「天久鷹央の推理カルテ」が発売されます。
知念さん初の文庫作品。
装画は,「灼眼のシャナ」や「涼宮ハルヒ」シリーズでお馴染みのいとうのいぢさんです。
どうぞお楽しみください。

 

●作品名 『天久鷹央の推理カルテ』
●発売日 2014年10月1日(水) ※書店によって前後します
●定  価 594円(税込)
●出版社 新潮社(新潮文庫nex)

 

【あらすじ】
統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には,各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。
河童に会った,と語る少年。人魂を見た,と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った,と叫ぶ女子高生。
だが,そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた・・・・・・?
頭脳明晰,博覧強記の天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。

 

天久鷹央の推理カルテ

更新日:2014年09月24日  Comment(0)

第6回優秀作『屋上と、犬と、ぼくたちと』出版!

第6回優秀作『dog  pound』(若月香)が、光文社から出版されます。
出版にあたり、『屋上と、犬と、ぼくたちと』に改題されました。

 
本新人賞初となる地元(福山)出身作家の誕生です!!

 

10年前の台風の日、秘密基地で起きたこと。
小さなメモによって呼び起された記憶“友人の死”を巡る、懐かしくもほろ苦い、追憶のミステリー。

 
ぜひご一読ください!

 

●作品名  『屋上と、犬と、ぼくたちと』
●発売日  2014年9月17日(水)  ※書店によって前後します。
●定  価  1,728円(税込)
●出版社  光文社

 

【あらすじ】
 ガソリンスタンドでバイトをしている野村修司は、アパートの新聞受けに謎のメモがはさまれていることに気付く。
はじめは意味のわからない内容だったが、翌週以降も届くメモを見ると、それは小学校時代に起きた不幸な出来事を指しているようだ。
仲間と拾った子犬を内緒で飼っていた秋葉ビルの『屋上の屋上』から、台風の日に仲間の一人、オッタが転落して亡くなったのだ。
バイト先のミステリー好きの店長にメモを見せると、オッタの死に不審を抱き、メモの主を突き止めようと言い出すのだが――。

 

 ????????

更新日:2014年09月16日  Comment(0)

第7回福ミス 第2次選考通過作品発表!

次の4作が第2次選考を通過し,最終選考作品となりました。
最終選考は,選者である島田荘司さんが4作の中から1作を決定し,10月に受賞作1作を発表する予定です。
楽しみにお待ちください。

 

 

◆第2次選考通過作品【4作】 ※順不同・括弧内は筆名
 ・巨大台風(小早川真彦)
 ・1978からの片思い(五月たぬき)
 ・ベンヤミン院長の古文書(金澤マリコ)
 ・たとえ世界に背いても(神谷一心)

更新日:2014年09月05日  Comment(0)

水生大海の新刊「ランチ合コン探偵」発売!

福ミス第1回優秀作「少女たちの羅針盤」の作者,水生大海さんの新刊「ランチ合コン探偵」が発売されます。
全7話のグルメ&ラブ・本格ミステリー。
ぜひご一読ください。

 

●作品名  『ランチ合コン探偵』
●発売日  2014年9月11日(木)  ※書店によって前後します。
●定  価  1,512円(税込)
●出版社  実業之日本社

 

【あらすじ】
阿久津麗子(彼氏募集中)と,天野ゆいか(ミステリーマニア)は,大仏ホーム経理部に所属するOL。麗子が,SNSで知り合った男性との合コンをセッティング。昼食を共にするゆいかに声をかけ,二人はイタリアンレストランに向かった。相手は食品会社に勤めるサラリーマン。話しているうちに,自社ビルのエレベーターが夜中のうちに移動するという幽霊騒動を聞かされ,ゆいかは俄然,前のめりになるが・・・・・・(MENU1 アラビアータのような刺激を)。

 

 

ランチ合コン探偵

 

【目次】
■MENU 0
■MENU 1 アラビアータのような刺激を
■MENU 2 金曜日の美女はお弁当がお好き
■MENU 3 午後二時すぎのスーパーヒーロー
■MENU 4 帝王は地球に優しい
■MENU 5 窓の向こうの動物園
■MENU 6 ダイヤモンドは永遠に

 

 

 

更新日:2014年09月03日  Comment(0)

8月31日(日)島田荘司先生が来福されました!

 

8月31日(日)14時から啓文社ポートプラザ店において,『幻肢』刊行を記念して,島田先生のサイン会が開催されました。

 

 【サイン会の風景】

サイン会前(ひき)   サイン会前(より)   

 

幻肢陳列   サイン中

 

また,同日16時から,福山市笠岡町にある映画館「シネフク大黒座」の閉館セレモニーで,第1回優秀作「少女たちの羅針盤」が上映され,島田先生や女優の森田彩華さん(映画「少女たちの羅針盤」北畠梨里子役)が登壇,挨拶をされました。

 

大黒座は,明治25年にここ福山の地に誕生し,現在の4代目大黒座に至るまで,122年という長きにわたり,映画を通じて,本市の地域文化向上に貢献されてきました。

2011年に公開された「少女たちの羅針盤」についても全国公開に先駆けてご上映いただき,特別試写会や舞台挨拶でもご協力いただきました。

長い間,本当にありがとうございました!!

 

 

 【シネフク大黒座】

大黒座(ひき)   大黒座(より)

更新日:2014年09月01日  Comment(0)

ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930