コウモリ通信

吉田恭教の新刊「ネメシスの契約」発売!

福ミス第3回優秀作「変若水」の作者、吉田恭教さんの新刊「ネメシスの契約」が発売されました。
「変若水」の主人公・向井俊介が活躍する、骨太ミステリー第2弾。
ぜひご一読ください。

 

●作品名  『ネメシスの契約』
●発売日  2013年7月17日(水)
●定 価   2,100円(税込)
●出版社  光文社

 

【あらすじ】
夕刊ニッポンの記者、周防正孝は8年前に起きた実父の事件を追っている。実父は新潟の漁港で元最高裁判事の首を模造刀で切断、自らも拳銃自殺したのだが、謎が多い。
ある日、厚労省の向井俊介から「スクープネタがある」と電話があった。向井は医療ミス疑惑の調査過程で、首切り事件の真相に関わる重大な事実に気付いたという。
そこには世間をにぎわす猟奇殺人、人権派弁護士の息子惨殺事件が絡んでいた―。

 

 

 

437

【吉田恭教の新刊「ネメシスの契約」発売!】 - 【新規投稿】
【吉田恭教の新刊「ネメシスの契約」発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031