コウモリ通信

第1回受賞作発表!!!

受賞作  玻璃の家(はりのいえ)

作 者  松本 寛大(まつもとむねはる)

136 

(左より 島田荘司先生,松本寛大さん,羽田皓福山市長)

 昨年4月に創設された、「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の受賞作発表記者会見が10月26日(日)に福山市で行われ、記念すべき第1回受賞作は、松本寛大さんの「玻璃の家」に決定いたしました!
作者の松本寛大氏は、1971年北海道生まれ、札幌在住。

島田先生選評(抜粋)
「一読、この作品はもう充分に傑作の領域にあると感じて、このような高度で緻密な本格ミステリー作品が、福ミスのような地方の小賞に投じられてきたことに感謝した。本賞受賞作は、この作以外にはないであろう。」

松本さん受賞コメント
 「今回の受賞を本当に光栄に思っています。島田先生・羽田市長をはじめ、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の実行にたずさわった関係者の方々には感謝の言葉もありません。私のつたない作品が福山市の発展のために少しでも寄与できれば望外の喜びです。
今後ともこの栄誉に対するせめてもの恩返しとなることを信じ、受賞者の名に恥じない作品を書けるよう精一杯努力し続けたいと思います」

受賞作の出版は2009年3月(予定)
作品は今後、島田先生の指導のもとに推敲され、2009年3月に講談社から発表される予定。すでに傑作の域にあるとまで言われるこの作品が、さらに磨きをかけられて世に送り出されることになります。出版が今から楽しみです。

優秀作「罪人いずくにか」(水生大海)
今回は応募作品のレベルが高く、島田先生のご要望もあって、特別に「優秀作」として水生大海(みずきひろみ)さんの「罪人いずくにか」が選ばれました。出版が前提ではありませんが、来年3月の表彰式には水生さんもご招待する予定です。

昨年4月の本賞創設から1年半。ようやく第1回の受賞作が決定し、事務局としても感慨深いものがあります。しかし、これからが福山の名をアピールするための正念場。「福ミス」がミステリー文学界において一目置かれる存在となるよう、事務局一同、気を引き締めて頑張っていこうと思います。福ミスを応援してくださっている皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

【第1回受賞作発表!!!】 - 【新規投稿】
【第1回受賞作発表!!!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

  • 第一回の受賞、おめでとうございます。来年出版されるとのことですが、今から楽しみです。

  • 本格ミステリー作家を目指しているものですが、賞の名称を、是非「島田荘司賞」にしていただきたく存じます。応募に際して、名称に重みがあると、気合が入ります。ぜひぜひよろしくお願いします。

    • 投稿者名:福ミス係

      ご意見ありがとうございます。
      賞の名称については、創設時、島田先生のご意向や出版社のご意見を聞く中で決定しました。
      先生は「福山」の文字を入れることを強く主張され、郷土福山の知名度向上に並々ならぬ思いがおありでした。
      こういった経緯をふまえ、現在の名称をご理解いただければと思います。
      しかしながら、先生の偉大なお名前を冠とする賞ですので、今後、愛称として「島田荘司賞」と親しまれることを期待したいと思います。
      十分な説明とならず申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2021年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031