コウモリ通信

一田和樹の新刊『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』発売!

福ミス第3回受賞作『檻の中の少女』の作者、一田和樹さんの新刊が発売されます。
タイトルは、ずばり『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』。
ここに描かれた物語(フィクション)は、しかし、いつ誰の物語(ノンフィクション)になってもおかしくありません。
ネット社会がはらむ危険性に斬り込んだ一冊。
どうぞご一読ください。

 

●作品名  『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』
●発売日  2013年10月5日(土) ※書店によって前後します
●定 価  1,659円(税込)
●出版社  技術評論社

【あらすじ】
父親が、ネットショップのサイトをハッキングして逮捕された――
システム会社に勤務する石野拓巳が目の当りにした衝撃のニュース。
警察に聞いても根拠は教えてもらえず、ソーシャルネットのアカウントが特定され「犯罪者の息子」として囃し立てられ、会社を休職せざるをえなくなった石野は、弁護士やサイバーセキュリティの専門家たちの力を借りながら、無実の人間が犯罪者に仕立てられる仕組みを解明しようとする。

 

潔白を主張する父親と家族を追い詰める、警察の驚くべきやり方とは?
インターネットの驚くべき実態とは?
真犯人の狙いはどこにあるのか?

 

石野は父親の無実を証明することができるのか?!

 

プリント

【一田和樹の新刊『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』発売!】 - 【新規投稿】
【一田和樹の新刊『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930