コウモリ通信

福ミス第5回受賞作発表!!

福ミス第5回受賞作 「バイリンガル」

 

◆作者
高林 さわ (たかばやし さわ)

 

◆作者プロフィール
1945年5月3日千葉県生まれ。千葉県在住。中学教師、塾講師を勤めた後、退職。現在は母の介護。1981年「小説現代新人賞」受賞。

 

◆受賞作概要
アメリカ人の夫と離婚した永島聡子は、日本に帰国し、予備校の講師をしながら一人息子を育てた。ある日、沢田仁奈という女性が聡子のもとを訪ね、自分の両親が亡くなるきっかけとなった、30年前にインディアナ州ラフィエットで起きた誘拐殺人事件の内容を話して欲しいと頼む。仁奈には親切にしなければと思いつつも、乗り気になれずにいた聡子だが、仁奈の日本での生い立ちや生活を聞き、事件の全貌を語り出す。

 

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 第5回受賞作の発表記者会見を、10月26日、羽田皓実行委員会委員長、島田荘司先生、受賞者、協力出版社3社の出席のもと、ふくやま文学館で行いました。
414
(左から、島田荘司先生、高林さわさん、羽田皓実行委員会委員長)

 

◆島田先生選評(抜粋)
「この書き手は、すでに独自的な表現の境地を掴んでいる。とりわけユーモアをまぶした女性型の戦闘表現は、すでに誰の真似でもなく、似た表現センスは、少なくとも本格寄りのミステリーのフィールドには見当たらない。」

 

◆高林さん受賞コメント
「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」という大きな賞をいただくことができまして、ほんとうにありがたく、感謝しております。島田先生はじめ、選んでくださった皆様に、心より御礼申し上げます。30年前に賞をいただいた後、長いブランクがありましたが、諦めずに書き続けてよかったです。書く場所を与えていただいたのですから、頑張らねば、と思っております。どうもありがとうございました。」

 

◆受賞作の出版は2013年春予定
受賞作品は、今後、島田先生の指導のもとに推敲され、2013年春に光文社から発表される予定です。

 

◆表彰式は2013年5月(予定)
第5回表彰式を、来年5月に開催する予定です。(詳細は未定)

 

記念すべき第5回の受賞作品が決まり、事務局も大変うれしく思っています。
先生のアドバイスで、作品にさらに磨きをかけ、「傑作」となって世に送り出します。出版が楽しみですね。
最終選考に残った3作品の島田先生の選評は、近日中に掲載します。掲載しましたら、こうもり通信でもお知らせしますので、楽しみにお待ちください。
今後とも、福ミスをどうぞよろしくお願いいたします。

【福ミス第5回受賞作発表!!】 - 【新規投稿】
【福ミス第5回受賞作発表!!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31