コウモリ通信

第4回福ミス第1次選考通過作品(第1回目分)発表!

 2011年5月10日に締め切った第4回福ミス応募65作のうち,第1次選考を通過した16作(第1回目発表分)は次のとおりです。
現在はまだ第1次選考の途中であり,今後,第2回目発表を7月下旬,第3回目発表を8月上旬に行う予定です。
第1次選考の最終結果は,8月上旬に決定します。
なお,第2次選考の結果は9月上旬に,受賞作の決定は10月に発表する予定です。
※詳しい選考方法の説明は,福ミスHPトップページから見ることができます。 

 

■第1次選考通過(第1回目発表分)作品 ※順不同・括弧内は筆名
・ふたつの貌(花月)

・弥勒の幻影(塩見朝伸)

・紅茶の郷で万華鏡(舞葉朋香)

・子をおもう親の心(三富進)

・稲荷山古墳殺人事件(三吉不二夫)

・怨嗟の連関(高天原綾音)

・ノー・サプライゼス・プリーズ(黒木隆志)

・言葉足らずな作家志望者(鈴木博貴)

・レゾン・デートル(知念実希人)

・『魏志倭人伝』殺人事件(宇内帰一)

・夏蟲のいない夜(木下幸一郎)

・特別な人(上田千尋)

・マリオネットの涙(関田達也)

・自爆のメカニズム(加田花)

・空虚なる殺人(矢口知矢)

・虚像の太陽-葉山警部補の事件簿①-(高橋正樹)
                             

                 【16作品】

 

 今回掲載されなかった作品も,次回の発表となるかもしれません。
ぜひ楽しみにしていてください。

 (福ミス係)

 

 

 

【第4回福ミス第1次選考通過作品(第1回目分)発表!】 - 【新規投稿】
【第4回福ミス第1次選考通過作品(第1回目分)発表!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

  • 通過作品の応募者を見て、レベルの高そうなのには驚きました。他の新人賞での応募ベテランから、すでに職業デビューされたプロの作家まで(概観したところ三名の職業作家がおられました)、激戦が予想されます。回を経るごとにレベルが高くなり、応援する側としては楽しみが倍増しています。これまで以上に、これからの選考から目が離せなくなりました。

    • 投稿者名:福ミス係

       福ミスも回を重ねるごとに、注目度を増していっているようで、嬉しい限りです。
       今年はどのような作品が受賞作に選ばれるのか、これから楽しみに、私たちも受賞作発表までがんばります!

    • 投稿者名:八幡宮の蝉の声

      ばらのまち福山ミステリー文学新人賞でしょ。新人の方達の応募ではないのですか?その中にすでに職業作家として本を出しているプロやセミプロの方も応募しているのですか。
      福山競馬にたとえたら新馬の未勝利戦に古馬のオープン馬が出走して一緒に走るようなものですね。おかしいのでは?という声が聞こえてきました。

    • 投稿者名:福ミス係

       島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞は、応募される方が、ご自身で、本格ミステリー作品を応募するにあたり「新人」であると判断されれば、応募資格があります。
       例え、作家として本を出しておられる方であっても、本格ミステリーの分野では自分では新人だと判断されれば、応募されてもかまいません。
       この考え方は福ミスが始まった当初からあるものですので、どうぞご理解いただきたいと思います。

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930