コウモリ通信

第4回受賞者 知念実希人、最新作(広島限定版)出版!

島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の第4回受賞者である
知念実希人氏の最新作が,「読もう!行こう!広島×光文社 本屋さんへ行こう」キャンペーン
https://web-kob.jp/go-honya/hiroshima/の目玉として,
広島県内の書店のみにて11月19日に先行発売されます。
全冊直筆サイン入りで,広島限定版のオリジナルカバー(イラストレーター:げみ)
となっております。
ぜひご一読ください。

※全国版は12月の発売になります。
※全国版のカバーは広島限定版とは違うものになります。

神のダイスを見上げて2

作品名  神のダイスを見上げて

作者名  知念 実希人

定 価  1,300円(税抜)

【あらすじ】
高校生の漆原亮の姉,圭子が殺された。コスモスの咲き乱れる花壇で,全裸で胸にナイフを突き刺された姿で発見された姉は,亮にとって唯一の家族,“世界そのもの”だった。恋人のこともそっちのけで,亮はとにかく犯人を見つけ出し,自分の手で復讐したいと暴走。そして“あるもの”を手に入れるため,クラスの“禁忌”と呼ばれる異端児・四元美咲に接触する。
優しく,美しかった圭子を殺したのは,圭子の恋人なのでは?しかしそれが誰なのかわからない。犯人を追い求めて,亮は圭子が入っていた天文学同好会,そしてダイスを崇拝するカルト集団『賽の目』に踏み込んでいく・・・・・・。
人類滅亡まであと幾日も無いなかで,なぜ圭子は殺されなければならなかったのか―
ヒット作連発中の著者が,エンターテインメントの力で永遠のテーマに挑む!!

【著者紹介】
1978年,沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒,日本内科学会認定医。2011年「レゾン・デートル」で島田荘司選第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。2012年,同作を改題した『誰がための刃 レゾン・デートル』でデビュー。「天久鷹央」シリーズで人気に。2015年『仮面病棟』で啓文堂書店文庫大賞を受賞。2018年『崩れる脳を抱きしめて』が本屋大賞8位にランクイン。著書に『優しい死神の飼い方』『黒猫の小夜曲』『屋上のテロリスト』『祈りのカルテ』『ひとつむぎの手』など多数。
今もっとも新作が期待されるミステリー作家の一人。

_____________________

facebookも更新しております。
シェア・いいね!よろしくお願いします。

◆アクセス
facebookにて「福ミス」と検索いただくか,
次のリンク,QRコードからご確認ください。

facebook https://www.facebook.com/fukumys/

フェイスブックページQRコード

 

【第4回受賞者 知念実希人、最新作(広島限定版)出版!】 - 【新規投稿】
【第4回受賞者 知念実希人、最新作(広島限定版)出版!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31