コウモリ通信

福ミス第4回受賞者、知念実希人の「オーサー・ビジット校外編」参加者募集中!

 

 

 

福ミス第4回受賞作「誰がための刃 レゾンデートル」の作者、知念実希人さんを囲む10代の読書会「オーサー・ビジット校外編」の参加者の募集が行われています!

課題本は『優しい死神の飼い方』(光文社文庫)。参加者同士や知念さんと課題本について語り合う会です。

 

【開催日時】 2017年2月12日(日) 午後1時から

【会  場】 広島国際会議場 小会議室「ラン」(広島市)

【定  員】 10代限定で先着50人。無料。

【主  催】 朝日新聞社、JPIC (出版文化産業振興財団)

 

詳細や申し込み、お問い合わせについては下記サイトをチェックしてください。

http://www.asahi.com/shimbun/dokusho/authorvisit/outside/topics.html

更新日:2017年01月12日  Comment(0)

第10回 第1次選考委員を一般公募します!

 

2017年5月に作品の募集を締切る第10回事業について,第1次選考にかかる選考委員を広く全国から一般公募します。
身近な文学賞として多くの方々に関心を深めていただき,また,日頃ミステリー作品に親しんでいる方に,その経験を生かし選考に加わっていただくことで,よりよい作品を選ぶことを目的とします。
多くの皆さんのご応募をお待ちしています!
※第1次選考は,一般公募選考委員と出版社3社(講談社・光文社・原書房)が担当します。第2次選考は出版社3社が行い,最終選考で島田荘司氏が受賞作を決定します。

【募集要項】
◆一般公募選考委員の役割
島田荘司 第10回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞に応募された作品(長編ミステリー作品・400字詰原稿用紙350枚以上800枚程度)を,審査基準に沿って選考する。
作品に対する感想も記述する。

◆選考作品数
一人4作程度

◆選考時期
2017年5月下旬~6月下旬

◆謝礼
1作につき3,000円分の図書カード

◆募集人員
25名程度

◆特典
①2018年5月に福山市内で開催予定の表彰式・出版記念の集いへ招待(交通費は自己負担)
②受賞作の刊行本プレゼント

◆申込み方法
次のものを記載し,封書で申込先へ
①自分が思うミステリー作品ベスト10(作品名・作者名)
②福ミス第8回受賞作『アムステルダムの詭計』を読んでの感想(400字程度)
③職業などプロフィールを含む自己アピール(200字~400字程度)
④住所・名前・年齢・電話番号・Eメールアドレス

◆申込期限
2017年2月24日(金) 消印有効

◆結果
2017年3月下旬までに本人に通知します。

◆備考
応募者の選考は,出版社及び同実行委員会事務局が行います。

◆申込み・問合せ先
「福ミス」選考委員一般公募係
〒720-8501
広島県福山市東桜町3番5号
福山市経済観光局文化観光振興部文化課内
tel:084-928-1117     fax:084-928-1736
Email bunka@city.fukuyama.hiroshima.jp

 

一般公募募集要項

更新日:2017年01月05日  Comment(1)

福ミス第1回優秀作者,水生大海の新刊発売!

福ミス第1回優秀作「少女たちの羅針盤」の作者、水生大海さんの「ランチ探偵 容疑者のレシピ」が発売されます。

2014年9月に発売された「ランチ合コン探偵」の続編です。

OLコンビが謎を解く!どうぞお楽しみください。

 

◆作品名  「ランチ探偵 容疑者のレシピ」

◆発売日  2016年12月3日 ※書店によって前後します。

◆定 価  593円(税別)

◆出版社  実業之日本社(実業之日本社文庫)

 

【あらすじ】

大仏ホームのOL・麗子は「トラブルが起こっている」の一言で、
ランチの外食を渋る同僚・ゆいかを誘い出すことに成功。
訪れた洋食店には、呪われた社宅に住んでいると悩む男性が……。
(「その部屋ではなにも起こらない」)。
閉ざされた美容室での盗難、命を狙われるペットなど、
合コン相手が持ち込む謎にOLコンビが挑む全5話。

好評シリーズ第2弾。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e6%8e%a2%e5%81%b5-%e5%ae%b9%e7%96%91%e8%80%85%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

また,このシリーズの第1弾,2014年9月に発売された「ランチ合コン探偵」が,「ランチ探偵」として文庫版になって登場しております!こちらもあわせてぜひお楽しみください。

 

◆作品名  「ランチ探偵」

◆定 価  593円(税別)

◆出版社  実業之日本社(実業之日本社文庫)

 

【あらすじ】

大仏ホーム経理部のOL・阿久津麗子は、同僚の天野ゆいかを誘ってランチ合コンへ。
恋人に振られたばかりでいい出会いを求める麗子だが、
なぜか男性陣から持ち込まれる話題は、犯人探しや暗号解読ばかり。
深夜に動くエレベーター、金曜日に大量の弁当を購入する美女、ストーカー事件の真犯人、
失踪した新婦が残したメッセージ、アパートの窓に日替わりで現れる動物、消えた結婚指輪。
ミステリマニアのゆいかは、それらの「謎」に興味を示し……。
オフィス街の怪事件に安楽椅子探偵のニューヒロイン・天野ゆいかが挑む!

 

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e6%8e%a2%e5%81%b5%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

更新日:2016年12月01日  Comment(0)

第9回最終選考作品等の選評を掲載しました

第9回の最終選考に残った4作について、島田荘司氏の選評を「選考過程・選評」のページに掲載しました。
第1次選考通過作品(最終選考作品を除く)の担当編集者による選評も同時に掲載しています。
第10回の応募に向けて執筆されている方も、ぜひ参考にしてみてください。

更新日:2016年11月24日  Comment(0)

福ミス第3回受賞者,一田和樹の新刊発売中!

第3回福ミス受賞作「檻の中の少女」の作者,一田和樹さんの新刊が発売されています。
ぜひお楽しみください。

 

◆作品名  「サイバー戦争の犬たち」
◆定 価  690円(税別)
◆出版社  祥伝社

 

【内 容】

朝起きたら、世界中が敵になっていた――
軍需企業の容赦ないサイバー攻撃が殺到する!
銀行口座も使えない!
ヤバイ、写真が晒された、警察が来る……

 

派遣社員の佐久間尚樹は、ネットで違法な裏稼業を営んでいた。だがある朝、何者かによって米国のサイバー軍需企業ベータ社の内部資料を暴露する正義のハッカーに仕立てられていた! ベータ社は最新のサイバー大量破壊兵器「B9」で、尚樹に執拗な攻撃を繰り返す。このままでは社会的に抹殺される――焦った尚樹は、天才ハッカー綾野ひとみとともに反撃に乗り出すが……。

 

 

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e6%88%a6%e4%ba%89%e3%81%ae%e7%8a%ac%e3%81%9f%e3%81%a1

更新日:2016年11月11日  Comment(0)

ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930