コウモリ通信

島田荘司先生、松嶋智左さんトークショー&サイン会開催!

島田荘司先生と第10回受賞者松嶋智左さんのトークショー&サイン会が行われます。
多くの皆様のご来場をお待ちしております♪

 

●日  時
2018年5月20日(日)午前10:00~

●場  所
啓文社 BOOKS PLUS緑町 売場奥 わかば塾みどり町教室スペース

●参加方法
『虚の聖域』を啓文社各店にて予約・購入の方に先着50名様限定で整理券をお渡しします。
※5月17日発売予定。電話でも予約可能です。
整理券をお持ちの方には当日『虚の聖域』に松嶋さんがサインさせていただきます。
島田先生のサインは、島田先生の著書を当日お買い上げの方にさせていただきます。

●お問合せ
TEL(084)925-1811

あわせて、BOOK MEETS COFFEE(啓文社BOOKSPLUS緑町に併設)にて
5月8日から期間限定で福ミスコラボメニューを提供しております。
是非ご賞味ください!!

 

PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“啓文社様用ばらメニュー

更新日:2018年05月15日  Comment(0)

第10回受賞作「虚の聖域 梓凪子の調査報告書」出版!

第10回受賞作「魔手」が,「虚の聖域 梓凪子の調査報告書」に改題されて講談社から出版されます。

過去の受賞作・優秀作に続き,「福ミス」の帯をつけて,全国の書店に並びます。

どうぞお楽しみに!

 

●作品名 「虚の聖域 梓凪子の調査報告書」
※受賞時作品名 「魔手」

●作者名 松嶋智左
※受賞時筆名 松嶋チエ

●発売日 2018年5月17日(木) ※書店によって前後します。

●価 格  1,700円(税別)

●出版社 講談社

 

【あらすじ】

元警察官にして探偵・梓凪子に舞い込んだ依頼は最悪のものだった。理由はふたつ。ひとつは、捜査先が探偵の天敵とも言える学校であること。もうひとつは、依頼人が、犬猿の仲である姉の未央子であること。大喧嘩の末、凪子は未央子の息子・輝也の死を捜査することになる。警察は自殺と判断したにもかかわらず、凶器をもった男たちに襲撃された凪子は、事件に裏があることを確信するが――。責任を認めない教師、なにかを隠している姉、不可解な行動を繰り返す輝也の同級生――。すべての鍵は、人々がひた隠しに守っている心のなかの“聖域”だった。

‹•ƒJƒn?[‘ÑOL

更新日:2018年05月15日  Comment(0)

知念実希人さん、広島本大賞受賞!!

3月20日に決定した沖縄書店大賞(小説部門)に続き、知念実希人さんの「崩れる脳を抱きしめて」第8回広島本大賞に決定しました!
おめでとうございます!
「崩れる脳を抱きしめて」では福山も舞台になっています。
実際に福山を毎年訪れてくださっている知念さんならではの豊かな描写が広がります。
ぜひ多くの皆様に読んでいただきたい、胸が切なくなる、そしてもう一度読みたくなる素敵なミステリーです。

article_pic1_427

更新日:2018年03月23日  Comment(0)

おめでとう!知念実希人さん、沖縄書店大賞受賞!

福ミス第4回受賞者、知念実希人さんの著書「崩れる脳を抱きしめて」が沖縄書店大賞に選ばれました!
おめでとうございます!
事務局一同、心から嬉しく、祝福申し上げます。
今後の益々のご活躍を願っています。
そしてより多くの皆様に知念さんの素敵なミステリーが届きますように。
article_pic1_427

更新日:2018年03月22日  Comment(0)

福ミス第3回受賞者 深木章子、新刊発売!

福ミス第3回受賞者 深木章子さんの新刊が発売されます。
「もしかしたら、私、その子を殺したかもしれないんです」
被害者は記憶を断片的に失くした少女と、白骨遺体で見つかった少年。
十年前に起きた、二つの奇妙な誘拐事件の想像を絶する真相とは……。
見えていた景色が一変する、本格ミステリーの綾に耽溺せよ。
記念すべき10冊目となる、渾身の長編ミステリー!
お楽しみに!

◆作品名  「消えた断章」

◆発売日  2018年3月20日 ※書店により前後します。

◆価 格  1,700円(税別)

◆出版社  光文社

【あらすじ】
君原樹来は推理作家をめざす法学部の4年生。
あるとき、同じ大学に通う妹・麻亜知の友人、葛木夕夏があるトラブルを抱えているといい、元C県警捜査一課の刑事であった樹来の祖父に相談しに行くことに。
夕夏は10年前、実は叔父に誘拐されたことがあった。
ただ、記憶を失った時間があっただけで被害はなく、当時は身内のトラブルと片付けられたのだが、最近になって警視庁が再捜査に乗り出しているという。
同じ10年前、同じく誘拐された男児の白骨遺体が最近発見されたことが関係しているようだ。
当の叔父は行方不明になり、裕福な創業者一家だった葛木家は、その後みるみるうちに崩壊していったのだが……
9784334912123

更新日:2018年03月15日  Comment(0)

ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2018年10月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031