コウモリ通信

第1回受賞作『玻璃の家』出版

福ミス第1回の受賞作『玻璃の家』(松本寛大作)が3月17日に講談社より刊行されました。

受賞決定後、島田先生の指導により推敲され、さらに充実した作品に仕上がりました。

「一読、この作はもう充分に傑作の領域にあると感じて、このような高度で緻密な本格ミステリー作品が、福ミスのような地方の小賞に投じられてきたことに感謝した」

と、島田先生絶賛のこの作品、ぜひご一読を!!

●あらすじ

アメリカ、マサチューセッツ州を舞台に、11歳のコーディ少年は、もぐりこんだ幽霊屋敷で、死体を焼く不審人物を目撃します。しかし、少年は「相貌失認(そうぼうしつにん)」の患者で、人の顔を認識できません。あいまいで影響されやすい人間の記憶や不完全な認識をこえて、少年の見たという「なんとも言い難い表情」の解明に、日本人留学生、若き心理学者のトーマ・セラが挑みます。

(福ミス係)

278

 

【第1回受賞作『玻璃の家』出版】 - 【新規投稿】
【第1回受賞作『玻璃の家』出版】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31