コウモリ通信

松本寛大の新刊『妖精の墓標』発売!

福ミス第1回受賞作『玻璃の家』(講談社)の作者、松本寛大さんの新刊『妖精の墓標』が発売されています。
「玻璃の家」のトーマ・セラが登場する、日本とアメリカを舞台にした松本さんの第2作目!
本格ミステリーを堪能してください!!

 

作品名  『妖精の墓標』
発売日  2013年3月6日(水)
定 価   1,008円(税込)
出版社    講談社ノベルス

 

【あらすじ】
信州の名家、新羽(にいばね)家の先代、堂市が変死。
東京から葬儀に訪れた孫の医師、桂木優二は、自殺と判断されたその死に、不審感を抱く。
葬儀の直後、遠縁の画家、滝見伸彦が転落死。さらに新羽家当主の妻、佳織が失踪する。
生前の滝見が白昼夢のように見ていた「妖精」に、連続する事件解決の鍵があると考えた桂木は、米国ボストンに暮らす心理学者のトーマ・セラに、調査への協力を依頼する。
トーマは「妖精」の真実に辿り着けるのか!?

 

431

【松本寛大の新刊『妖精の墓標』発売!】 - 【新規投稿】
【松本寛大の新刊『妖精の墓標』発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031