コウモリ通信

いちだかづき(一田和樹)の新刊「式霊の杜 愚者の約束」発売!

福ミス第3回受賞作「檻の中の少女」(原書房)の作者、一田和樹さんの新刊が講談社から発売されます。
2012年6月に発売された「式霊の杜」の第2弾です。
ライトノベルのため、親しみやすく、名前も「いちだかづき」になっています。
どうぞ、お楽しみください!

 

作品名  「式霊の杜 愚者の約束」
発売日  2013年3月2日(土) ※書店によって前後します
定 価   630円(税込)
出版社  X文庫ホワイトハート(講談社)

 

【あらすじ】
戦いの中で絆を深めていく二人に再び別れが……。
生まれながらに特殊な力を持つ『式使』たちの里、『式霊の杜』で育った西緒と張良。幼い頃より惹かれあうが、始皇帝が里へと侵略した際に離ればなれにされてしまう。五年後、運命の再会を果たすも、麗郷大陸は周・楚・斉が覇権を争う戦乱の世となっていた。『式使』の能力を活かし、周の国で生きることを決意した二人。しかし、楚の思惑により再び別離を余儀なくされる…。
愛が歴史を紡ぐファンタジー第二弾!

419

【いちだかづき(一田和樹)の新刊「式霊の杜 愚者の約束」発売!】 - 【新規投稿】
【いちだかづき(一田和樹)の新刊「式霊の杜 愚者の約束」発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031