コウモリ通信

福ミス第1次選考結果(第1回目)発表!!

2009年5月10日に締め切った「島田荘司選 第2回 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の応募作品 58作の中から、次の13作品が第1次選考を通過し、第2次選考作品となりました。
選考は、一般公募による選考委員13名が分担し、ミステリーとしてのおもしろさ、仕掛け等について審査し、順位付けを行いました。そのうち1位作品となった13作が1次通過となっています。
この結果は、6月30日付けで応募者へ文書で通知しています。
第1次選考通過作品は、当サイト、島田荘司先生による「第2回選考方法」の説明にもあるように、今後、7月下旬に第2回目発表(3作程度)8月上旬に第3回目発表(数作)を経て、最終決定となります。
これは、選考にかかわって、段階的な発表により本賞への関心を高めることを目的に、選者の島田荘司氏と第1次選考委員、協力出版社(光文社・原書房・講談社)、事務局の協議により決定しました。

第1次選考通過作品は以下のとおりです(順不同。括弧内は筆名)。
・滝見亭事件 (森 輝喜)
・Monroe Smile (金沢 整二)
・罪の行方 (塩見 朝伸)
・伽羅の橋 (糸 冬了)
・銭樽の怪 (渡辺 芳洋)
・堕天使の羽根 (南野 海)
・追憶の舘―緋色館殺人事件― (ソッコウ 詩人)
・9-Pido ナイン・ピッド (木下 幸一郎)
・ヴェッキオ城の惨劇 (三谷 玲貴)
・連坐 (斯波 耕之介)
・巨大彗星クライシス―恐竜からの遺産 (もとくら てつや)
・群羊の島 (大迫 知信)
・カピテン・ユゲの星の時間 (宮代 匠)

                  【13作】

【福ミス第1次選考結果(第1回目)発表!!】 - 【新規投稿】
【福ミス第1次選考結果(第1回目)発表!!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031