コウモリ通信

『少女たちの羅針盤』が刊行されました!

昨年10月、第1回優秀作に決定した『罪人いずくにか』が、このたび島田先生のアドバイスのもと推敲され『少女たちの羅針盤』(改題)となって、7月10日、原書房から刊行されました。
みずみずしい青春小説とサスペンス溢れる復讐劇。『玻璃の家』に続く本新人賞から生まれたミステリー作品をよろしくお願いします。

309

●定価 1680円(税込)
●原書房

■内容紹介

短編ホラー映画主演女優としてロケ現場にやってきたマリア。そこで監督に意味ありげに言われる。「きみ、羅針盤にいた子だよね」と。マリアに忘れさりたい過去が甦る。伝説の女子高生劇団「羅針盤」。監督はさらに言う。「一人、死んでるんだよね」
羅針盤はメンバーの死と共に活動を停止した。マリアが殺したのだった。監督はいったいどこまで知っているのか。疑心はふくらむ。
そして物語は四年前、羅針盤の誕生と死へと移ってゆく。

■著者について

水生大海(みずき・ひろみ)
三重県生まれ。教育系出版社勤務後、派遣社員に。1995年に秋田書店より漫画家デビュー。その後小説を書きはじめ、2005年に『叶っては、いけない』が第1回チュンソフト小説大賞(ミステリー/ホラー部門)銅賞受賞。08年に『少女たちの羅針盤』(旧題「罪人いずくにか」)で第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞。同作で09年にデビュー。「気持ちの中に何かしらの棘を残すミステリーを書いていきたい」と海原へ漕ぎ出す。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

7月9日、福山市長(当実行委員会委員長)が記者会見で、『少女たちの羅針盤』刊行の紹介を行いました。

308

全国の書店で『少女たちの羅針盤』が注目されることを祈っています!

(福ミス係)

 

 

【『少女たちの羅針盤』が刊行されました!】 - 【新規投稿】
【『少女たちの羅針盤』が刊行されました!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

  • 「少女たちの羅針盤」、さっそく読みました。一言でいうと、大変おもしろかったです。特に羅針盤の高校時代を描く部分が、時に生々しく、時にとげとげしく、しかし読み終えて共感できるのは、青春というものがこのような側面を持っているからかもしれませんね。ミステリーとして、細かい部分もよく考えられており、満足できます。いわゆる派手な作品ではないかもしれませんが、青春ミステリーの傑作として、多くの人に読んでもらいたい作品です。

  • 中盤から後半にかけて手に汗握る気持ちで、ハラハラドキドキしながら一気に読みました。
    高知のおばあちゃんの敬老の日のプレゼントに羅針盤の本を送りました。

    実はエキストラの方にも二度ほど参加させていただいております。。。

    映画公開も早く来ないかなと…期待膨らませております

    ヒットすることを祈っております

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2022年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31