コウモリ通信

第9回受賞作「神の手廻しオルガン」出版!

第9回受賞作「殺人者は手に弓を持っている」(須田狗一)が,「神の手廻しオルガン」に改題されて光文社から出版されます。

過去の受賞作・優秀作に続き,「福ミス」の帯をつけて,全国の書店に並びます。

どうぞお楽しみに!

 

●作品名 「神の手廻しオルガン」

●発売日 2017年5月18日(木) ※書店によって前後します。

●価 格  2,052円(税込)

●出版社 光文社

 

【あらすじ】

1942年,ナチスの国家保安本部長官ハイドリヒがプラハで暗殺される。

それから72年後,犬山市の山中で,心臓をえぐられ左腕を切り落とされた老人の死体が発見される。老人はポーランド語で「手回しオルガンが死んだ」と書いた手帳を残していた。

その頃,私,翻訳家の吉村学はたまたま出会ったポーランドの女子留学生アンカの面倒を見ていたのだが,そのアンカがある日突然ワルシャワに帰国してしまう。

不思議に思った私は,ワルシャワ行きを決意するが…

「神の手廻しオルガン」帯あり書影

 

【第9回受賞作「神の手廻しオルガン」出版!】 - 【新規投稿】
【第9回受賞作「神の手廻しオルガン」出版!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930