受賞者・優秀作者の紹介

島田荘司選 ばらまち福山ミステリー文学新人賞では,受賞作品は協力出版社から即時出版されることになっています。
また、特別に設けられた優秀作も,随時,協力出版社から出版されています。
ここでは、今までの受賞者・優秀作者のその後の活動等を紹介します。

石井真由子さん写真

北里紗月(きたざとさつき)

1977年生まれ。千葉県出身。大学院で生物学を修めた後、現在は胚培養士として病院に勤務。家庭では3人の子どもを持つ母親。

第9回優秀作

さようなら、お母さん

さようなら、お母さん書影

2017年4月 講談社

 原因不明の奇病を患った兄は激痛に耐えかね、病院の窓から飛び降りて死んだ。兄の症状に納得がいかない妹の笹岡玲央は看護師から、義姉の真奈美が兄の腫れた足に巨大な蜘蛛を乗せていたと聞く。
 美しく聡明で献身的な義姉の「本当の顔」とは?玲央の幼なじみの天才毒物研究者・利根川由紀が調査に乗り出す。

著者よりひとこと

 この度は、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞において優秀作に選出していただき、心から嬉しく思います。第一子出産後から小説を書くはじめ6年が経ち、赤ん坊だった長女も今や持ち上げられないほどです。そして第三子が生まれた2016年、人生最高の瞬間が訪れました。このような機会を与えてくださった島田荘司先生や、選考委員の方々の期待を裏切らぬよう、「福ミス」の名に恥じぬよう、精一杯努力していきたいと思います。

近 況

 昨年7月に2作目の著書となる「清らかな、世界の果てで」を出版致しました。1作目に続き、毒マニア利根川由紀が活躍するミステリー小説です。相変わらず綺麗なのは題名と表紙だけで、寄生虫が山ほど出て来るグロテスクな小説です。読むと食欲がなくなると好評を頂いておりますので、ダイエット中の方などもいかがでしょうか。
 現在は利根川由紀3作目のアイデアを練りつつ、新しい作品に挑戦しております。執筆予定の作品は、禁グロテスク。私の小説から気味の悪さを抜いたら、何が残るのかやや不安ですが、楽しく、そして感動出来るミステリーを目指して頑張っております。
 さて話は変わりますが、皆様ハルキゲニアという生物をご存知でしょうか。私はゴキブリ以外の生き物をこよなく愛していますが、中でも一番好きな動物がハルキゲニアです。
 彼はサツマイモのような胴体を持ち、体の片側に長い針が二列、反対側に短い針が二列並ぶ不思議な構造をしています。名前の意味は幻惑。どちらが頭でどちらがお尻か、どちらが背中でどちらがお腹か分からないのです。私は子供の頃から、かの生物の生態が判明するのを心待ちにしていたのですが、最近になりようやく目と口が発見され頭の位置が判明したとニュースになりました。これは素晴らしいと喜んだのも束の間、私にとって更なる衝撃が。私は彼の体長を手のひら程度と考えていたのですが、実際はたったの3センチだったのです。
 生きているハルキゲニアを一目見たいと思うのですが、残念ながらそれは無理。彼が生きていたのは今から4億5000万年前、カンブリア紀の地球だからです。 (2019年3月31日)

著作品一覧

さようなら、お母さん(2017年4月 講談社)
清らかな、世界の果てで(2018年7月 講談社)