コウモリ通信

福ミス第1回優秀作者,水生大海の新刊発売!

福ミス第1回優秀作「少女たちの羅針盤」の作者、水生大海さんの新刊が発売されます。
第67回日本推理作家協会賞候補作「五度目の春のヒヨコ」を収録し、その後の物語になっています。
読んで心がほっこりする連作短編集です。
どうぞお楽しみに!

◆作品名  「ひよっこ社労士のヒナコ」

◆発売日  2017年11月28日

◆定 価  1,500円(税別)

◆出版社  文藝春秋

 

【あらすじ】
朝倉雛子(26歳、恋人なし)は派遣社員として働いていたが、一念発起して社労士をめざし、3回目の試験で合格。
そんな新米社労士が6つの事件を解決し、会社のピンチを救います。
「使わなかった有給休暇分の給料をちょうだい」と要求する元社員。
「育児休業なんてあり得ないから」と言い放つIT企業創業社長。
年末調整のチェック作業が佳境の中、幹部の重要書類が行方不明。
部下が自殺未遂したのに「バカにつける薬はない」と罵倒する上司。
「残業代」が増えるのは困る」と苦悩するアパレルメーカー総務部長。

お仕事する人の面倒をみる、お仕事小説の登場です!

img_78832a45403c7d18c380b8c483e77e4e788166

【福ミス第1回優秀作者,水生大海の新刊発売!】 - 【新規投稿】
【福ミス第1回優秀作者,水生大海の新刊発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

第10回最終選考作品等の選評を掲載しました

第10回受賞作及び最終選考に残った作品について、島田荘司氏の選評を「選考過程・選評」のページに掲載しました。
第1次選考通過作品(最終選考作品を除く)の担当編集者による選評も同時に掲載しています。
第11回の応募に向けて執筆されている方も、ぜひ参考にしてみてください。

【第10回最終選考作品等の選評を掲載しました】 - 【新規投稿】
【第10回最終選考作品等の選評を掲載しました】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

第3回受賞者・一田和樹の新刊発売!

第3回福ミス受賞作「檻の中の少女」の作者、一田和樹さんの新刊が発売されます。
現代のリアルを描くサスペンス小説です。

◆作品名 「内通と破滅と僕の恋人―珈琲店ブラックスノウのサイバー事件簿」
◆発売日 2017年11月17日 ※書店によって前後します。
◆定 価 620円(税別)
◆出版社 集英社

【あらすじ】
大学生の凪は恋人の霧香と小さな珈琲店・ブラックスノウを訪れる。
サイバーセキュリティに精通したマスターとの交流の中で様々なサイバー犯罪を知るが……。

978-4-08-745670-7

【第3回受賞者・一田和樹の新刊発売!】 - 【新規投稿】
【第3回受賞者・一田和樹の新刊発売!】 - 【新規投稿】

  ※半角英数で8文字以上

* 書き込まれた内容につきましては、掲載前にチェックを行います。
(すぐには掲載されませんので、ご了承ください。)

一覧にもどる
ご利用に関するアウトライン

こうもり通信のご利用にあたり、注意事項などをおしらせしています。ご利用の前に必ず一読ください。

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930